ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

新世紀エヴァンゲリオンANIMA 全機体全集

   


どうも、青色主義(詳細は以下の"DAOKO"参照)のEVA Mark.06です。

今回は、先日投稿したこちらのまとめ↓

では紹介しきれなかった、小説『新世紀エヴァンゲリオンANIMA』関連の機体を紹介したいと思います。

『新世紀エヴァンゲリオンANIMA』とは
公式エヴァ作品シリーズ唯一の小説作品です。
山下いくとの作品で、新世紀エヴァンゲリオンの〈第弐拾四話終了時からの分岐ストーリー〉で、〈人類補完計画が発動されなかったルート〉の話となっています。
それなりにコアなファンなら知っている、エヴァンゲリオン最終号機などの機体はこちらで登場します。

・庵野エヴァ(原作・新劇場版)
・貞本エヴァ(漫画)

に続く、第3種の公式エヴァ、
・山下エヴァ(小説)

と、いうわけです。

詳しくはこちらをご覧ください↓

機体の紹介の前に、このまとめのカバー画像であるANIMAのネルフについて紹介します。

特務機関NERV本部を組織解体し、その後再編された新組織。また、ネルフJAPANのマークは逆三角形を基本とした意匠に改められている。

ANIMAにおけるエヴァの特徴の一つ、それは、アニメ版のエヴァが「対使徒用」であるのに対し、ANIMAのエヴァは「対敵機用」として作られているということです。

ではさっそく、次ページからは『新世紀エヴァンゲリオンANIMA』に登場する機体を紹介していきます。

エヴァンゲリオン初号機にA.T.フィールドによる駆動系の補助など、使徒との戦訓から得た技術蓄積を導入した新型拘束具を装備、試験機から実戦型にリニューアルしたものがステージ2仕様だ。武装面では各部兵装ステーションに兵器との共有化も視野に入れた新規格レールシステムを導入、それにともないF型装甲装備との換装も可能となった。しかし、S2機関の出力は想定以上であり、初号機の機動を制限しかねないと思われたF型装備の質量も問題とならず、強固なA.T.フィールド装甲を常時展開可能なF型装備が通常装備同然となり、テスト以外でのB型装備での運用はほとんど実施されなかった。

S2機関を得た初号機に、使徒の戦闘から得た戦訓を元に開発した新型装甲や、戦略自衛隊の装備と互換性を持たせたバージョン。A.T.フィールドを用いた機動性の補助、F型装備との換装機能など様々な新機能を追加することはできたが、S2機関の出力は想定以上のものであり、機動性を阻害すると懸念されていたF型装備を装備しても何ら問題はなかった。それに加えて、F型装備の方が強固なA.T.フィールドを常時展開し続けることが出来るために換装の必要はないと判断され、F型装備を常時装備することと決定し、B型装備は実戦投入されなかった。

「A.T.フィールド偏向制御運用実験機」の俗称であり、複数の使徒級兵器による攻撃を想定して開発された機体。
機体全面にA.T.フィールドを展開する事で装甲を強化し、両肩にA.T.フィールド技術を応用した高出力指向性電撃投射兵器「インパクトボルト」を装備して攻撃力を増強している。

※インパクトボルト

A.T.フィールドによって発生させたエネルギーチャンバー内で、増幅した高出力の指向性電撃を発射し目標に叩きつける武装。

「S2機関対応型初号機」の通称(葛城ミサトにより命名されており、その場にいたネルフJAPANの全職員が脱力したという)。S・エヴァと略される。

シンジの肉体と魂を取り込んで以来、彼の第2の肉体とも呼べる存在となった。コアの中に溶け込んでいた碇ユイの魂は初号機の中から去り、シンジがパイロットと制御役を兼任している。

形態を失い初号機と溶け合っていたシンジの心臓が、コアと融合していたS2機関と同化。S・エヴァのS2機関“心臓”はS・エヴァに物理法則すら捻じ曲げる驚異的な力を与え、この“心臓”は物語の中で重要な意味を持つことになる。惑星破壊級の超絶パワーを持ち、メガトン級のエネルギーをもってしても、S・エヴァの指一本すら傷付けることは不可能。

後に画像のように「ヴォルテックス」装備が加わり、飛行能力を得る。

最後のエヴァンゲリオン。サードインパクトのピークパワーを秘める。その名前はこれ以降エヴァの建造を必要としない世界になるようにと祈りを込めてS・エヴァ同様、葛城ミサトが命名した。

背中の中心から光の翼を放出でき、その翼が放出される衝撃で高速で飛行できる。プラグ部には小型ではあるがリリスと同様の結界空間があるためプラグの排出などはできない。
宇宙すら壊しかねない圧倒的な力を持つ、最強最後の福音(エヴァンゲリオン)。

詳細は今後投稿予定。

アルミサエル戦で大破し、試作零号機パーツで修復中の零号機にF型装甲を組み込むことで改造・再生した機体。

右腕部に超遠距離型A.T.フィールド兵器「天使の背骨」を装備している。その動力源となるA.T.フィールドを確保するため、右腕と右足を切除、右足部位に簡易義足を装着したため機動性が低く、狙撃専用機として運用されている。

F型装備の排除はできないが、その重装甲と天使の背骨の超長距離射撃能力により、零号機F型単機でのヤシマ作戦の再現が可能。

正式名称
「沈下型領界侵攻銃(フィールドシンカー)」。

浸食型に位相変位させたA.T.フィールドに重粒子を乗せ、その後に反発型のA.T.フィールドを展開。この時発生する強烈な反発力により重粒子を加速発射、着弾と同時に、重粒子が帯びたその侵食型位相転換A.T.フィールド(アンチA.T.フィールドのようなもの)が使徒等の発生するA.T.フィールドを瞬時に相殺、そして貫通撃破する、超長距離狙撃型の対フィールド兵器。

発射してから着弾までが実時間ゼロ(※後述)でこの時のエネルギーは限りなく無限大に近いと言える。

※実時間ゼロ

「実時間」とは、本来「即時」「同時」と同義だが、どうやらANIMAの文章では文脈的に「実際の所かかる/かかった時間」のような意味を持つようで、「実時間ゼロ」というのは「実時間」という言葉と同じ、「即時」「同時」という意味として捉えていい。物理的にどうなんだそれは…って感じだけど笑

しかしその後の設定紹介ではこの「実時間ゼロ」については特に触れていないし、後に登場する「悪魔の背骨」は同種の武器でも桁が違うらしく、ここに物理的矛盾が生じる(エヴァ物理は特殊だそうだから無視できるのかもしれないけど)ので、途中で設定が変更されているのかもしれない。

とはいえ、「天使の背骨」が飛ばすのは重粒子で、「悪魔の背骨」は重力子だそうだから、それだけで威力に違いは出そう。

 - アニメ

×