ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

面白いアニメ・ラノベまとめ

   


この記事は私がまとめました

面白いアニメやライトノベルを紹介していきます。私の独断と偏見で付けた点数なので、必ずしも面白かったりつまらなかったりするわけではありません。一意見としてご覧ください。ラブコメが好きなのでそっち方面のものはおそらく点数高めになっています

DareAnimeさん

「直接見た相手に一度だけ命令できる」というギアス(能力)を
授かった主人公ルルーシュが、自分と妹を捨てた
ブリタニア皇帝の父親に復讐する話。

このアニメの面白いところは天才的な頭脳を持つ主人公が
「戦略的」に勝っていくところです。
ロボットアニメではありますが、
戦闘シーンで盛り上がるというより作戦勝ちというイメージがつきます。
今でも頭脳や知識で勝つアニメは少ないので引き込まれること間違いないでしょう。

この作品見ずしてアニメは語れません。必ず見ることをおすすめします!

おすすめ度:100点

復活のルルーシュ興道・皇道・叛道の続きの映画となります。この三作はアニメ版のリメイクですが、多少内容が違うのでこの三作を見ずに、復活を見る場合は気を付けてください。

本編の内容はゼロレクイエム後の世界を描いたものです。アニメの終わり方が完璧すぎるのでIFとして見るとよいと思います。アニメを見た方は是非見ましょう!2019年11月2日現在は見る手段がないのでDVD発売まで見ていない方は待ちましょう!

おすすめ度:100点

主人公が思春期の高校生に起こる「思春期症候群」という不可思議な現象を解決していくお話。

このアニメのは現代社会の問題や小さな誰にでもあるしがらみが目に見えて現象として現れるので、身近に感じ、いつの間にかアニメを見いってしまいます。恋愛系のアニメですので、恋愛アニメがあまり好きではない方は注意。

またとことん視聴者の胸を締め付けてくる(いい意味)ので、見入ること間違いないです。舞台も現代の鎌倉なので見終わった後に鎌倉を訪れると感動が倍増します。あとヒロイン全員激カワなので恋しないように気を付けてください。ラノベとほとんど内容は変わりません。

おすすめ度:95点

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないの続きを映画化したものです。
内容は牧之原翔子の「思春期症候群」を解決していきます。

見たら大抵の人は泣くと思います。はい。そのレベルです。個人的に非の打ち所がないです。どのくらい人気かというと初日の午前中で来場者特典のSS本がなくなるくらいです。アニメを見た方は必ず見ましょう。2019年11月2日現在見る手段はないのでDVD発売まで待ちましょう!

おすすめ度:100点

頭脳・運動神経・顔など全てが高校生のレベルを超えている天才の主人公が力を隠して、様々な問題を解決していくお話。

このラノベの面白いところは主人公が「完璧」であることを隠して、生活していくため、基本表立って動かず、頭脳で解決していくところです。

しかしそれ以上に引き込まれる要因が所々見える主人公が底知れぬ闇を持っている点です。そのため予想外の展開や行動が続きます。現在の最新刊である11.5巻は思わず声が出てしまいました。恥ずかしながら私の生きがいとなっています。

ただ作者の衣笠さんは終わらせ方が微妙で有名なので、そこだけが心配です。

おすすめ度:100点

ライトノベルを読む前にこっちを見て決めようと思っている方はあまりおすすめできません。理由としてはラノベとアニメで主人公の雰囲気が違ったり、内容の悪変が合ったりとアニメとしての出来はとても良いとは言えません。

ただ、大体の内容は同じですので雰囲気を掴むには良いとは思います。4巻以降がこの作品は爆発的に面白くなるので、アニメを見ると、とても残念に感じます。

おすすめ度:64点

家に帰ると主人公の父親が何者かに殺されていた。父を殺した犯人の情報が「本能寺学園」にあると踏んだ主人公はここを訪れ、犯人の情報を得ようと奮闘する。

最初に要約が全くできていないことを謝罪させてください。しかし見ればわかります。内容が濃すぎるのです。王道展開ながらも飽きない内容とスピードが絶妙です。ストーリー・戦闘描写・キャラの魅力全てがそろっています。何が面白いかは、見ればわかる!とみんな口をそろえて言うと思います。

おすすめ度:99点

人類全員が突如石化し、石化した約3700年後に目覚めることができた主人公が今まで学んだ化学の教科書張りの知識を使って、元の文明まで世界を発展させようとするお話

俺Tueee系ですが頭脳もとい、化学の知識を利用して進化を遂げていく姿はとても面白いです。原理も過程もよくわかりませんが面白いです。とにかく面白いです。

2019年1のアニメだと個人的には思っています。ハーレムを作っていないのも好感に思う方も多いのではないでしょうか。見るのを迷っているのなら視聴をすすめます!

おすすめ度:92点

古典部に入ることとなった主人公が、部員であるヒロインや仲間たちと日常で起こった問題を解き明かしていくお話。

「えるたそ~」の元ネタのアニメであり、「私気になります!」のアニメです。作画 声優 雰囲気 内容 演出 どれをとっても完璧と言わざるを得ません。推理の内容は予想できる人は天才といえるほどまで、緻密に計算されています。和風な雰囲気と相まってさすが京アニ!といえるアニメの出来です。日常推理ものは昨今でも少ないので日常系が見たい方は是非お勧めです!

おすすめ度:92点

青春時代をまともに送れずに死んだ学生が集う死後の世界で目を覚ました主人公。しかしその世界でしっかりとした生活を送ってしまうと、消えてしまうことを知った主人公は「死んだ世界戦線」の一名として活動していくこととなる。

何度も泣くこと注意です。自分の青春は何だったんだ・・・ってなります。泣きたい方は見ることをお勧めします。

おすすめ度:90点

「スクールアイドル部」という部活を作って、廃校を阻止しようと奮闘するお話

男子トイレがないで有名なラブライブですが、萌えアニメと一緒くたにせず見てください。めちゃくちゃ面白いです。想像以上のテンポの良さとシナリオの面白さに当時は正直驚きました。深い内容があったりするわけではないですが、青春アニメといった観点で見るとかなりの良作だと思います。

おすすめ度:87点

人類のほとんどが「個性」という特殊な能力を持つ世界で、主人公がヒーローを目指して成長していくお話

まず戦闘シーンを見て一言目に出てくるのは「熱い」だったり「かっこいい」だったりだと思います。めちゃくちゃいいです。王道のジャンプ漫画を崩さずに、とても良い方向に話を持っていけていると思います。

当時なぜか一話切りしたのは本当に謎です。純粋な成長物が見たい方はぜひ!

おすすめ度:86点

突如、異世界召喚された主人公が死んだら一定の時間まで巻き戻る「死に戻り」を駆使して、問題を解決していくお話。

断言します。アニメ史上最もひどい目にあっている主人公です。見ている側すらこんなのどうやって解決すんねん・・・となります。

主人公が嫌いとよく言われる作品ですが「何回も死んだらこうなりますわ」と言いたくなります。つまり主人公や周りの人は人間味にあふれています。なろう出身と思えぬ内容と出来の良さです。毛嫌いせず見ることをおすすめします!

おすすめ度:85点

ラノベで言えば9巻後半以降が、アニメ2期(放送予定)のものになっています。若干伏線をスルーしていますがアニメと内容はほとんど変わりません。一期の範囲は三章(9巻前半)までとなっていますが、これ以降はもっとひどい目に合います。

四章は個人的に一番面白いです。アニメが待ちきれないという方はぜひ購入もしくはなろうでの閲覧をおすすめします!

おすすめ度:85点

「絶対選択肢」というその名の通り絶対に頭に出てきた選択を選ばなければいけない
呪いに主人公が苦悩しながら学園生活を送るお話。

この本は下ネタがガンガン出てきます。なので下ネタが嫌いな方はご注意を。

主人公はイケメンなのに無限に選択肢に苦しめられていく様は作者主人公嫌いなのか?と思いますが、それ以上に笑えてきます。それでもしっかりとラブコメしているのがとても高評価です。

ちなみに私は人生初ラノベがこの作品で、買って以降、ラノベにどっぷりになりました。後半のシリアス展開は不評らしいですが僕は大好きです。普通じゃないラブコメを見たい方はぜひ!

おすすめ度:85点

ラノベと内容に変更は基本的にありませんが、主人公の意味が分からない選択肢(周りに大きな害をもたらす可能性がある選択肢)を絶対選ばないという、精神が最終回で捻じ曲げられているのがマイナスです。

アニメを少しでも面白いと感じたら、ラノベの購入をおすすめします。

おすすめ度:81点

「シビラシステム」という人間の危険度を図ることができるシステムに管理されるようになった日本。そんな管理社会でも起こる犯罪を防いでいくお話。

かなり考えさせられたり、暗い気持ちになる作品ではあると思います。正義とは何か法とは何かを考えさせると同時に、アニメとしての面白さもあります。声優も豪華で迫力がすごいです。

現在三期が放送中ですが、正直二期以降はあまり自分は好きではないです。一期が面白すぎたのでその落差も関係しているとは思いますが。

おすすめ度:82点

一度死んだら現実でも死ぬデスゲーム「ソードアートオンライン」を主人公が仲間とともに攻略を目指していくお話。

やっぱキリトかな~wwwの元ネタのアニメとなります。俗にいうなろう系アニメというやつですね。アニメ一期の前半部分でしかデスゲームはやらないので個人的には当時「えっ?これで終わり?」となりましたが攻略後の話も面白かったです。俺Tueeeeeの代名詞とも呼べるアニメですね。

主人公無双を楽しみたい方はぜひご覧ください!

おすすめ度:80点

主人公レイチェルが目を覚ますと謎のビルにいた。そこで殺人鬼ザックに追い回され必死に逃げるが、追いかけているうちにレイチェルが死を望みだし、果ては殺してくれと言い出す。つまらない目をした主人公を殺す気がうせたザックだが、自分をこのビルから出したら殺してやるといい、二人の脱出劇がはじまる。

緊張感が走る場面が多く、見ていて飽きません。原作がゲームなのでそれが起因していると思います。最後の最後まであっとする単会が続きます。敵も味方も魅力抜群です!

ただ自分はよかったのですが、アニメの最後数話は放送されずAmazonなど登録している人限定だったのが残念です。

おすすめ度:78点

一流料理人の卵が揃った料理高校に入学した主人公が、実家の定食屋で学んだノウハウを生かして成長していく物語

深夜に見ると必ずおなかが空くので見ないほうがいいと思います。そのレベルでおいしそうに見せる演出がいいですね。

ストーリーも出来がよく主人公のすごさと成長が見て取れる、良くも悪くもジャンプ作品といった感じですね。そのため、一期と二期は世間一般的には面白いといわれていますが、三期以降は賛否両論ですね。

普通とは違う料理アニメを見たい方はぜひ!

おすすめ度:75点

主人公がヒーローに変身して怪獣と戦う話

このアニメの面白いところは、怪獣を作っている人物が最初から分かっているところと最終回への伏線とその後の考察が、色々出来るところです。

内容はTheヒーローものという展開も多い中、大人も子供も楽しめる出来になっています

ただシンプルすぎる点もあるため途中で飽きる方も出てくるかもしれません。ながらで見てもかなり大丈夫な作品なので、食事中やゲームしながら見るのもありかもしれませんね!

おすすめ度:65点

遊戯王を通じて色々な人と知り合っていくお話。

正直言うと最初らへんは面白くありません。ゼアルの代の前までは、基本的にシリアス展開多めだったので、急にちびっこ向けに路線変更したと思われます。

しかし、遊戯王は結局シリアスになるという運命を背負わされたアニメです。バリアン編からはどうしてこうなったレベルで路線が変わり、とても面白くなります。

ただやはりカードゲームがメインなので、遊戯王にあまり興味がない方にはおすすめできませんが、見るアニメないなぁと思ったときにふと見てみると案外はまるかもしれません。

おすすめ度:60点

本作は、エリートとして進路を約束された「一科生」の妹と、その補欠である「二科生」の兄が第一高校に入学し、様々な問題を解決していくお話。

通称「さすおに」と呼ばれているこのアニメはなろう出身(現在作者が削除済み)が原作で弱いと思われていた主人公がめっちゃ強い!というアニメです。
正直見ていて、「なにが起こっているのか大体はわかるけど、よくわからん」といった感じでした。ただ主人公最強というのはアニメしか見ていない自分でもひしと伝わってきたので、なろう系が好きな方にはおすすめです!そういう系のアニメが苦手な方は、痛く感じる可能性大なのでご注意を。

おすすめ度:35点

RSS 【速報】アニメニュース

 - アニメ

×