ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

話の種に最適、人気なアニメ、通なアニメ紹介!!!

   


おすすめアニメ紹介!!!

一言でアニメと言っても様々なものがございます!なので今回は色々な種類のアニメを紹介させて頂きます!

人類は衰退しました

人類が物質文明の哀れな末路を辿り始めて早数世紀、人類よりも遥かに高度な文明を持つ新たな人類、『妖精さん』が誕生した。「わたし」は祖父の仕事を継ぐために調停官となり、妖精さんと旧人類との間を取り持つ役目を負うこととなる。そんな中、クスノキの里では奇妙な出来事が起こり始める。

パロディ・オマージュが随所にちりばめられ、一見「癒し系」のストーリーの中に作者独特のブラックユーモアを潜めた作品となっている。9巻にて助手さんの本名と主人公の名のみが判明する以外、徹底した固有名詞の排除が特徴的である。

疲れたもう。
【人類は衰退しました】観て癒されるとしよう。

四畳半神話大系

京都市を舞台に、京都大学3回生の男子学生が、1回生時に選んだサークルによって自らの大学生活をいかに変えていったか、その可能性を描く一人称小説。独立した4話から構成される。

各話で「私」は異なるサークル・組織に所属するが、結末や登場人物が共通・関係しあっており、第4話で「私」は並行世界を横断することになる。物語の最後に並行世界であることが明かされる展開ではなく、各話の書き出しが統一されているなど、各話が全て並行世界であることを前提に描かれる。

四畳半神話大系面白かった!
映画の夜は短し歩けよ乙女も期待!

四畳半神話大系アニメ特別放送みてたらあまりの面白さに胸が張り裂けそうになる

日常

時定高校を中心とした不条理な「日常」を題材にしたシュールな作風の漫画で、登場人物の多くが非常に個性的、かつ変わった言動を繰り返し、奇想天外な出来事の続発に翻弄されるのが基調。

2015年3月、日本のポップカルチャーの代表を国民投票で決定する読売新聞社主催の『SUGOI JAPAN』の初代グランプリが12日、都内で行われた授賞式で発表され、『日常』がマンガ部門の第6位に選出された。

猫といったら日常の博士のはかせだにゃん!が最高に可愛い

日常はいつみても癒されるのぉ特に博士とか博士とか博士とか

ジョジョの奇妙な冒険

原作漫画を可能な限りほぼ忠実に再現しており[3]、ディオの左耳に存在するほくろやPart3から描写されていたジョースター一族の首筋に存在する星型の痣など、原作の後付け要素の辻褄を合わせた部分もある。原作のPart3以降は海外の著名人や他作品のキャラクターの名前を発言する場面も多いが、これらも原作通りの台詞となっている。3rd Seasonの第17話、第22話では江崎グリコ、ギンビスの協力の元、ポッキー、たべっ子どうぶつを作中に登場させている。

メインスタッフはディレクターの津田尚克など、『ジョジョ』好きで固められている。シーズンごとに一部のメインスタッフの変更はあるが、ディレクターの津田や、シリーズ構成の小林靖子、音響監督の岩浪美和らは現在に至るまで一貫してシリーズに関わり続けている。ナレーションは大川透が務める。

アニメとか見ないこともないけどシリーズ通して語れる奴はジョジョくらいしかないや_(:3 」∠)_

いつの間にかこの時間
久しぶりに遅くまで起きてたな
ま、勉強しないでジョジョのアニメと漫画見てただけだけどね

デジモンアドベンチャー

子供会のサマーキャンプに来ていた小学生の八神太一、武之内空、石田ヤマト、泉光子郎、太刀川ミミ、城戸丈、高石タケルの7人は突然の吹雪を他の子供達から離れて、山にあった祠に隠れてやり過ごしていた。しかし、その祠の外に出た直後、日本で発生するはずのないオーロラを目撃、さらに謎の機械が降り注いだ。さらに7人の子供達はその機械の謎の力で発生した大瀑布に吸い込まれ、気がつくと未知の場所にたどり着き、そこで自分達を待っていたと言う「デジタルモンスター」と名乗る謎の生物達と出会う。

そして子供達とパートナーデジモン達の、長くて短いひと夏の冒険が始まった。

 - アニメ

×