ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

西洋妖怪編が開始!「ゲゲゲの鬼太郎」第6期登場妖怪・人物まとめ

   


この記事は私がまとめました

「ゲゲゲの鬼太郎」第6期登場人物まとめ

asuho_manさん

文藝春秋電子書籍は、「ゲゲゲの鬼太郎 CHARACTER BOOK ねこ娘大全」を10月2日に電子書籍で販売することを発表しました。価格は1000円(税込)。主要販売電子書店はKindleストア、iBooks、楽天Kobo、Reader Store、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、BOOK☆WALKERなど。

主要人物

本作の主人公。名門・幽霊族の最後の生き残り。生まれた時から左目を失い、前髪で隠している。温厚で礼儀正しく戦いを好まない性格で、人間界と必要以上に関りを持とうとしないが、人間界との共存共栄の平和を望んでいる。
戦闘時は「髪の毛針」「リモコン下駄」「ちゃんちゃんこ」を使い、最大の必殺技「指鉄砲」を活用して戦う。

鬼太郎の父親。普段は鬼太郎の左目の中で暮らしている。本作ではとある理由で目玉の姿になったが、若いころは鬼太郎そっくりなイケメン妖怪として知られていた。

鬼太郎の仲間で、彼に恋心を抱いている妖怪で、シリーズごとに最も容姿が変貌しているキャラクター。人間界とのかかわりが強くスマホなどを利用している。
まなからは「猫姐さん」と呼ばれて慕われている。

アニメ第6作に登場する中学1年生の少女。13歳。
心が優しくはつらつとした性格をしており、第1話の一件を通じて鬼太郎たちと関りを持つようになった。中学一年とは思えないグラマラスな体型をしており、度々妖怪からも惚れられる。
猫娘を「猫姐さん」と呼び慕っている。

半分妖怪・半分人間の鬼太郎とは腐れ縁の関係。悪だくみと金儲けの話に目が無く、トラブルメーカーとして描かれている。しかし、根は優しく、どこか憎めない性格をしており、人間界とのかかわりが強いため社会情勢には敏感。

鬼太郎の仲間。白髪に大きな目玉をした老婆の妖怪。砂を自由自在に操り攻撃する。

鬼太郎の仲間で、石化して相手を押し潰したり、頭突きしたするなどの攻撃が得意。性格はのんびり屋で酒に目が無く、飲み過ぎを砂かけ婆にたしなめられている。

鬼太郎の仲間。空を飛ぶ一反の布の妖怪。鬼太郎の空中戦の相棒とも呼べる存在であり、息の合ったコンビネーションが得意。自身も鋭利な刃物に変身させたり、身体の伸縮性を利用した攻撃ができる。

巨大な体をした妖怪。体の大きさを利用して道をふさいだり、押しつぶしたりすることが得意。無口だが実は所帯持ち

シリーズを通して鬼太郎たちの敵対する妖怪。他の妖怪をけしかけて妖怪と人間の世界に混乱をもたらしている。

西洋妖怪編の登場キャラクター(第27話~)

バックベアード軍団の元一員の魔女。バックベアードの計画に疑問を感じアルカナを持ち出して日本のゲゲゲの森に落ち延びてきた。
真面目ではあるが向こう見ずで周囲を気にしない性格であるため、度々トラブルを起こしてしまう。
西洋妖海軍やヴィクター、カミーラの撃退後は爽快アパートの一室を紹介される。カスタード党だが、最近は小豆の味にも目覚めている。

バックベアードの軍団を率いる前線指揮官の様な立場の妖怪。アニエスの姉。

西洋妖怪の首領。アメリカの妖怪。
強大な力を秘めている「アルカナの指輪」の利用し、世界を牛耳る「ブリガドーン計画」を企んでいる。魔女アデルらを遣わしてアルカナを盗み出したアニエスを追っている。

バックベアード軍団の一人。人間の姿から狼男に変身することができるヴェアヴォルフ(狼男)。狼男の状態では高い戦闘力と回復能力を持ち、満月の夜にはその力が最高潮となる。

バックベアード配下で初の女吸血鬼。第30話で猫娘とまなを襲撃するが猫娘の機転で撃退されてしまう。噛まれた相手を吸血鬼にすることができるが、撃退することによって元に戻る。

バックベアード軍団の一人。普段は研究熱心な少年のような姿だが、感情が高まり泣き出すと巨大化して凶暴な巨人となる。

ゲストキャラクター

昔から小豆はかり、小豆婆と共に人間を脅かしていたが、現代では全く注目されず、西洋菓子の影響で小豆の存在が薄まっていることを嘆いていた。
小豆の普及のためにねずみ男のプロデュースで動画配信で人気を博すが、方向性の違いから仲間と袂を分かつことになる。しかしトリオ解消によって人気は低迷し、やり場のない怒りを洋菓子手人や客にぶつけて騒動に発展するが鬼太郎に止められる。その後、小豆はかりと小豆婆と和解し、小豆ブームが落ち着いたのちにタイ焼き屋で小豆の仕込みに精進することとなる。

小豆の素晴らしさを人間に分からせるため、ねずみ男と手を組んで小豆洗い・小豆婆と動画配信を始める。しかし、人気者を演じるだけの生活に疑問を感じ仲間と袂を分かち元の生活に戻る。その後、小豆洗いの騒動の後に仲間と和解し、仲間と共にタイ焼き屋で小豆の仕込みに精進することとなる。

言葉は「あずき~」としか話せず、他の仲間には翻訳が可能。しかし実際には普通に話せる。小豆普及のために他の仲間と動画配信を始め、袂を分かった後も歌手として成功し「小豆グランマ」として人気を博す。そして人気を背景に小豆ブームを巻き起こした。ブームが沈静化した後は仲間と共にタイ焼き屋で小豆の仕込みに精進することとなる。

巻物の中に封印された妖怪。砂かけ婆が保管していたが、子泣き爺が持ち出したことをきっかけに、ゆうなの手に渡り封印が説かれる。
ゆうなの周りの人間の魂を喰らい始めたため鬼太郎によって倒される。

男性不審の母親を持つ女子高生。母親によって男性との接触が厳しく制限されるため思い悩んでいた。それを画皮に付け込まれる結果となる。騒動の後に自分の意志で生きていく決意を母親に打ち明ける。

 - アニメ

×