ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

蒼き流星SPTレイズナー 登場機体まとめ

   


蒼き流星SPTレイズナー

1985年10月3日から1986年6月26日まで日本テレビにて全38話が放送された、日本サンライズ製作のSFアニメ(ロボットアニメ)である。完結編は1986年10月21日にOVAで発売された。

登場する機体は3つの分類に分けられている

SPT

本作に登場する人間が搭乗する人型ロボットは、SPT(Super Powered Tracer / スーパー・パワード・トレーサー)と呼ばれている。頭部にコックピットがあるのが外見的な特徴で、透明かそれに類するハッチ・カバーを持つため、有視界戦闘も可能。異星の調査や開発用に作られた装甲強化服から発展した兵器で、その由来ゆえ用途を選ばない高い汎用性とを持つ。登場するSPTはほとんどがグラドス製だが、終盤では地球製のSPTも登場する。

MF

SPTから汎用性を省き、用途を特化して造られた機体をマルチ・フォーム(Multi Form)と呼ぶ。地球侵攻にも、局地専用にカスタマイズされた機体が投入されていた。バックパックシステムを廃しており、可変型の機体もある。

TF

無人機。量産型メカ。テラー・ストライカー(Terror Striker)の略称。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

地球側

SPT

SPT-LZ-00X レイズナー

全高:9.52m
全備重量:13.75t
胸部装甲厚:120mm
エンジン出力:217pu
姿勢制御用バーニア:14基
センサー感度:-56.2dB
バックパック:UV-00D
ロケット推力:12800kg x2

武装
速射方レーザードライフルLDR-00R
カーフミサイル
ナックルショット
V-MAX

第二世代SPTの試作として開発され汎用性向上に重点を置いたSPT。試験的にV-MAXシステムが搭載されている。主人公エイジが搭乗する機体で、開発にはエイジの父、ケン・アスカが関わっている。
機体管制は「レイ」と呼ばれるV-MAX対応コンピュータSAI2000系が行っているが、その裏にもう1機「フォロン」と呼ばれるコンピュータ人格が隠されている。フォロンは「グラドス創生の秘密」の伝承と、緊急時のレイズナー機体保持を目的として作られており、レイズナーに危機が迫った時はV-MAXを発動させ、周囲の脅威対象を無差別に殲滅する。

E-SPT-LZ-00X-B V-MAX強化型レイズナー

全高:9.52m
全備重量:13.75t
胸部装甲厚:120mm
エンジン出力:217pu
姿勢制御用バーニア:14基
センサー感度:-56.2dB
バックパック:UV-00D
ロケット推力:12800kg x2

武装
速射方レーザードライフルLDR-00R
カーフミサイル
ナックルショット
V-MAX

地球解放戦線機構がザカールとの戦いで大破したレイズナーから、それまでの戦闘データを分析して複製・強化した開発機体にレイ(フォロン)を移植した物。作中では「ニューレイズナー」とも呼称されている。アポジモーターを14基から20基に増設しスラスターも強化しV-MAXの出力を23%強化した。胸部装甲を120mmから145mmに増厚、エンジン出力を217puから248puに強化、ナックルショットも強化し、ザカールのレッドパワーと互角に渡り合えるように強化されている。

SPT-BB-02U ベイブル

全高:9.74m
全備重量:15.07t
胸部装甲厚:1335mm
エンジン出力:240pu
姿勢制御用バーニア:10基
センサー感度:-55.8dB
バックパック:SP-02D
ロケット推力:12800kg x2

武装
速射方レーザードガンLDR-02R
ナックルショット

エイジがレイズナーと共に宇宙船に積んできた3体の特殊型SPTの1体。パーツの多くがレイズナーと共通する兄弟機だが、格闘戦を想定されていたことから出力240puと強化され胸部装甲は135mmとやや厚くなっている。主にデビッド・ラザフォードが搭乗し、宇宙用バックパックSP-02D型を常備している。

SPT-BD-03U バルディ

全高:9.36m
全備重量:11.09t
胸部装甲厚:105mm
エンジン出力:198pu
姿勢制御用バーニア:14基
センサー感度:-55.8dB
バックパック:UV-00D
ロケット推力:12800kg x2

武装
速射方レーザードガンLDG-03M
ナックルショット

レイズナー、ベイブルと共にエイジが宇宙船に積んできた3体の特殊型SPTの一つ。後方支援用に開発された機体で、パーツの多くがレイズナーと共通する兄弟機だが、胸部装甲105mmとやや薄くなっている。第1部でロアン・デミトリッヒが搭乗、連射型レーザード・マシンガンを装備しているが、出力5.5MWと低いので右肩には高密度エネルギー砲が備え付けられている。

E-SPT-DL-X ロードテイラー(ドール)

全高:10.88m
全備重量:12.4t
胸部装甲厚:135mm
エンジン出力:167pu
姿勢制御用バーニア:8基
センサー感度:-52.3dB
バックパック:未詳
ロケット推力:8740kg x2

武装
レーザードライフル
ナックルショット

ギルバートらが中心になり、グラドス製量産型SPTドトールをモデルに製作した初の地球製量産型SPT。物語終盤に登場し、デビッドやシモーヌの他、レジスタンスのメンバーが搭乗する。バックパックには地上走行時に用いる大型の砲架を持ち、ローラーで移動する形態から、それを背中に廻して飛行する他、敵に格闘戦を挑む際には強制排除も可。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

MF

E-MF-LZ-00X-2 レイズナーMk.II

全高:9.98m
全備重量:15.61t
胸部装甲厚:未詳
エンジン出力:未詳
姿勢制御用バーニア:未詳
センサー感度:未詳
バックパック:未詳
ロケット推力:未詳

武装
レーザードガン
レーザードライフル
ナックルショット
V-MAXIMUM

作中未登場。アニメ雑誌等では、飛行機(戦闘機)形態に変形できる後継機のデザインも公開されていた。ドール部隊の指揮官機として設計された高性能機をベースにレイとフォロンを移植することを想定して仕様変更された機体という設定。丸みのある旧レイズナーより全体的に角張ったフォルムを持つ。
Mk.IIのV-MAX機能は「V-MAXIMUM(ブイ・マキシマム)」と名を変えられている。

 - アニメ

×