ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

夢見ることに疲れたあなたへ贈る、元気が出る海外アニメ映画【10選】

   


はじめに

「努力しているけど、なかなか報われない」
「将来の夢はあるけど、どうしても一歩が踏み出せない」

思い通りにならないことが続くと、どうしても疲れてしまいますよね。
そんな時は、自分の未来のことは一旦置いておいて外側に意識を向けることが大事です。

当記事は、あなたの心の中のモヤモヤを吹き飛ばしてくれる良作海外アニメを10個選びました!

【NO.1】モンスターズ・ユニバーシティ

マイク・ワゾウスキ(マイク)は、小学生の頃は小さい身体つきを理由に、同級生から鬱陶しく思われていた。

そんなある日、学校の授業でモンスターズ・インクの見学にきた時に、“怖がらせ屋”フランク・マッケイの勇姿を目の当たりにし、彼からも気配を消していたことを評価され、自分も怖がらせ屋になることを決意する。

月日は流れ、マイクはフランクの出身校・モンスターズ・ユニバーシティ(MU)に入学することに。

テンポ・キャラクターの性格表現・舞台設定、全てにおいて高評価の作品です。
ユニバーシティを見るたびに主人公マイクのキャラに救われます。
また、親友サリーとの友情にもほっこりさせられます。

本作は『モンスターズ・インク』の続編ですが、単品でもご覧になれます。

【NO.2】ファインディング・ドリー

ある晩、ドリーは突如過去の記憶を思い起こす。
そのまま朝になり、ドリーはニモと共に学校の遠足へ行くが、そこで不注意により激流に飲まれ、気を失ってしまう。他の生徒に囲まれて目を覚ますと、過去に似たような経験があったことを思い出す――「激流には近付いてはいけない」と言われていたこと、そしてそれを自分に教えてくれたのは両親だということ。

ドリーは幼少期、何らかの理由で両親とはぐれ、次第に誰を探しているかも忘れながら彷徨っている内に成長し、マーリンと出会っていたのだ。

改めて両親を探すことを決心したドリーは、唯一覚えていた「カリフォルニアモロ・ベイの宝石」という言葉を手掛かりに、ニモ、マーリンと共に両親を探す旅に出る。その道中、両親にまつわる様々なことを思い出す。

忘れん坊のドリーという魚が、両親を探す旅に出る物語です。
なんでもすぐに忘れちゃう彼女ですが、
どんなことがあっても泳ぎ続けるという信念を持っています。
彼女を支える仲間たちも素敵です。

前作の『ファインディング・ニモ』を見ている時は
主人公ニモに釘付けでしたが、本作を見てからはもう頭の中が完全にドリードリー。
大人の彼女も最高ですが、青山ららさんのベビードリーの可愛すぎる声は悶絶級ですね。

本作は、『ファインディング・ニモ』の続編にあたり、
前作で出てきたネタがちらほらあるので
なるべくニモを見てから視聴する方がオススメです。

【NO.3】アーサー・クリスマスの大冒険

主人公アーサーは、サンタクロースの息子でお手紙係。
世界中の子供たちから送られてくるプレゼントのリクエストを整理して返事を書くのが仕事。

ある年のクリスマス・イブに、システムの不具合で女の子にプレゼントが届いてないことが判明。兄スティーヴは、世界中でたった一人だけなら問題ないと、このミスを無視したが、心優しいアーサーは納得できない。
引退しているおじいサンタたちの力を借り、昔ながらのトナカイの“そり"に乗ってプレゼントを届けに行くことに!

夜明けまでの2時間に、果たしてアーサーは無事に配達できるのか?

ドジだけど、心の優しいアーサーがたった一人の子どものために頑張るお話。
自分がこれだと思ったことをとにかくやってみることって、とっても大事。
また、「組織のトップに立つ人間ならではの責任」という、
ビターなメッセージも込められている作品なので、色々考えさせられます。

【NO.4】ズートピア

動物たちの“楽園"ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が…。
警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。

だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが! ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。
頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。

最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、
ある行方不明事件の捜査を開始。
だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた…。

夢×差別×謎解きという、欲しい要素を詰め込んだ作品。
しかし、とてもスッキリ纏められているので楽しんでみることができます。

前例をぶち壊して夢を掴みたい方、夢を叶えてもその後に苦労がたえない方が
見るべき映画。

また、主人公ジュディと相棒ニックのやりとりは必見です。

【NO.5】ランゴ おしゃべりカメレオンの不思議な冒険

危険なワナと陰謀が渦巻いている<砂漠の迷宮>ダートタウン。

恐ろしい町に迷い込んでしまったランゴは、何かに脅える砂漠の住人たちに「西部から来た怖いもの知らずのヒーローだ」とウソをつく。

なりゆきで新任保安官に任命され、盗まれた<水>を探すという重大かつ危険なミッションを託された彼は、果たして町を救い、本物のヒーローになれるのか……?

ヒーローになりたいカメレオンが冒険するお話。

音楽や雰囲気、CGのリアルな質感など、どことなくハードボイルドな感じがする作品です。
シーンの間がちょっと長めで辛抱強い人、空白の空気感が好きな人向け。

ジョニー・デップが声優、ゴア・ヴァービンスキーが監督をつとめています。
確かに「パイレーツ・オブ・カリビアン」と似た雰囲気を感じます。

【NO.6】カーズ

レーシング・スポーツの最高峰、ピストン・カップに出場する若きレーサー、ライトニング・マックィーン。

ルーキーながら、その天才的素質によって、彼は既に多くのファンを獲得していた。狙うはピストン・カップ史上初となる新人チャンピオン。しかし、決勝レースが開催されるカリフォルニアに向かう途中、思わぬトラブルに巻き込まれ、ルート66沿いにある“地図から消えた古い町、ラジエーター・スプリングス"に迷い込んでしまう。
早くレース場に到着しなければならないマックィーンだが、自らが滅茶苦茶にした道路の補修工事を命ぜられ、しばらくその町に留まることになってしまうのだった。

しかし、ラジエーター・スプリングスで過ごすうちに、マックィーンは徐々に住民たちに親しみを感じ始めていた。それは、自分だけが勝つことしか考えなかった独りぼっちの彼が知らなかった、《家族のような温かい関係》だった。だが、遂にレースの日がやって来た。彼は決勝レースに間に合うのか! ?仲間たちとの運命は! ?

夢を追っていると大事な何かを見失ってしまうことってありますよね。

疲れたり、何か違うなーと思ったら、
とりあえず一回立ち止まって考えて周りを観察するのもいい。

カーズは自分の初心を取り戻してくれる映画です。

【NO.7】シュガー・ラッシュ

アクションゲームの悪役キャラクターのラルフの願いは、
みんなに愛されるヒーロー・キャラクターになること。

ある日、ついにラルフは我慢ができなくなり、自分のゲームを飛び出してしまう。
迷い込んだのは、お菓子の国のレースゲーム“シュガー・ラッシュ"。そこでラルフが出会ったのは、不良プログラムであるためにレースに出場できない少女ヴァネロペだった。

嫌われ者のラルフと、仲間はずれのヴァネロペ──孤独な2人は次第に友情の絆で結ばれていく。だが、ラルフの脱走はゲームの掟に反し、このままではゲームの世界全体に災いをもたらすことになってしまうのだ。
ゲーム・キャラクターたちがパニック状態に陥る中、ラルフは“シュガー・ラッシュ"とヴァネロペに隠された恐るべき秘密を知ってしまう。
果たしてラルフはヴァネロペを救い、ゲーム界の運命を変えることができるのだろうか?

そして彼は、“本当のヒーロー"になることができるのだろうか?

周りのイメージを自分のいいように変えようとするには、なかなか根性がいりますよね。
自分一人でできる目標ならまだしも、
他者に認められてようやく叶えられる夢を実現するとなると相当な努力が必要になります。

シュガー・ラッシュは一見可愛らしい世界観ながらも
悪役とヒーロー、バグ持ちと正式キャラとの待遇の違いなど、
しんみりするシーンが盛り込まれており。
それに立ち向かっていくメイン主人公2人の強さには心惹かれるものがあります。

また、日本でもお馴染みの人気キャラクターたちも登場しますので
ゲーム好きには是非見ていただきたい映画です。

 - アニメ

×