ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

劇中歌がすごい!海外アニメ「モンスター・ハイ」第12弾スペシャル『BooYork, BooYork』

   


『モンスター・ハイ(Monster High)』とは

モンスター・ハイ(Monster High)はアメリカ合衆国マテルから発売されている女子高生モンスターの人形。2010年7月に誕生し、現在世界50カ国に展開している。またバービー同様、アニメやウェブ、出版などメディアミックスでも展開している。日本では2013年4月からマテル・インターナショナルから発売。

※2017年現在、日本での販売はすでに撤退しています。

2010年5月5日、モンスター・ハイの公式ウェブサイトがオープンした。公式サイトでは、ゲームやキャラクターのプロフィール、ダウンロードコンテンツなどのほかに、Webアニメや舞台裏を描いた映像の配信も行われている 。

『Boo York, Boo York』とは

Monster High: Boo York, Boo York (also titled Boo York Boo York: A Monsterrific Musical!) is the 12th TV special produced for Monster High. It was released on September 29, 2015.

モンスター・ハイ:Boo York, Boo York(Boo York Boo York:モンスター・ミュージカル!)はモンスターハイの第12弾のテレビスペシャルです。2015年の9月29日にリリースされました。

副題『モンスター・ミュージカル』の名のとおり、劇中歌のクオリティーがすごい

モンスターハイの学生でもあり、歌手でもあるキャッティノワールは、新しい曲のアイデアが出ず、悩んでいた。彼女は愛の歌を描くために、自分を見つめなおす。

そのころ、モンスター世界には、クリスタル・コメット(彗星)が近づいていた。
その彗星を迎えるパーティーのために、 クレオの父、ラムセス・デ・ナイルとクレオの姉ネフェラはBoo Yorkに向かう。

ハイスクールでは、クレオが恋人のデューンや彼女の友人の、フランキー、クラウディーン、ドラキュローラ、オペレッタ達を誘い、キャッティ・ノワールも新しい音楽を求め、一行は大都会、Boo Yorkへ。

Boo York でファッションを楽しむクレオたちは、歌手を夢見るモスマンの娘、ルナ・モチューズや、ロボットDJエル・エデー、おしゃれなBooYorkerのマウセデス・キング、など、さまざまなグールに出会う。

ナイルズとネフェラは、Boo Yrokの権力者、ルクス・プトレマイミと彼女の息子セスと出会う。
ルクスに取り入り、Boo Yorkの富を得るために、父娘は、クレオとセスを結婚させようともくろむ。

町に出たグール達一行は、路上でラップミュージックを繰り広げる少年ファラオと出会う。彼に誘われ、キャッティが歌い出すが、歌手のキャッティ・ノワールだとばれてしまい、ファンに追いかけられ、二人は逃げ出す。

グール達と離れ離れになってしまった二人は、Boo Yorkが見渡せる建物の上で、そこでBoo Yorkの生活の物音すべてが音楽だと語る少年に、キャッティは惹かれていく。

そんな中、ネフェラの策略により、デュース・ゴーゴンは、立派なクレオ自分はふさわしくない、とクレオに別れを切り出す。

そしてクリスタル・コメット・パーティーの日、彗星の下、彗星の破片の前で約束の儀式を持つと、さらなる繁栄を得る、という伝説に従い、権力者ルクスは、ネスとクレオの結婚を進めようとする。

しかし、ネスはクレオとの政略的な結婚を嫌がり、母親に訴えかける。
ネスの正体は、ラップミュージシャンのファラオだった。

 - アニメ

×