ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

凄腕ガンスリンガー列伝★ガンアクションアニメ+登場銃器まとめ

   


GUNSMITH CATS「ガンスミスキャッツ」

シカゴでガンスミス(銃の職人)として店を構える一方、凄腕の賞金稼ぎでもあるラリー・ビンセントと、爆弾の専門家、相棒のミニー・メイの活躍を描くガンアクション。アメリカが舞台なこともあり、あちらの映画を一本見たような満足感がある。

原作は「月刊アフタヌーン」で連載されていた園田健一の同名の漫画。
アニメはOVAが1996年までに全3巻制作されている。
関連作品である「ライディングビーン」もおすすめ。

あらすじ

シカゴで、銃器のCUSTOMIZE SHOPを営みながらも、
バウンティハンター(賞金稼ぎ)を裏稼業とするラリィ・ビンセントと相棒のメイ・ホプキンスは、
ある日ATFのビル・コリンズに、銃器取り扱いのライセンスが無い事を理由に銃器密売の囮捜査に協力せざるを得なくなる。
仕方なく捜査に協力する二人だったが・・・

Česká zbrojovka(チェスカー・ズブロヨフカ)75
ラリー曰く、オートのハンドガンとしては進化の頂点にほぼ行きついたチェコスロバキア製の銃。
銃を握っている手の親指を撃ち抜く「親指飛ばし」は命中精度の高いCz75ならではのラリーの得意技。

1975年に旧チェコスロバキアの国営銃器工場が開発した自動拳銃。人件費などの効率を無視した精度の高い仕上がりと素材の品質が高い評価を得た。特に初期型は工作機械の刃がすぐだめになってしまう程非常に硬い鉄でできている。一方後期型は量産化を実現するために鉄の質を落とし、その分スライドを延長して補強していた。
世界有数の銃として特にアメリカでの人気が高かったが、共産圏の銃であったため西側での流通量が少なく、この初期型はコレクターの間では今でも高値で取引されている。

CANAAN「カナン」

2009年7月から9月まで放送されたテレビアニメ。

優れた身体能力と特殊な共感覚を併せ持ち、超人的な戦闘力を発揮する鉄の闘争代行人カナン。
犯罪組織「蛇」の陰謀に巻き込まれたマリアをカナンは救い出すことができるのか。CIAも関与する「フラワーガーデン計画」とは何か?そして「蛇」のリーダーアルファルドとの宿命の対決やいかに!

共感覚とはある刺激に対して通常とは異なった感覚を知覚する現象を言う。例えば数字や文字、音などに色を感じたり、また形に味を感じたり、時間を色で見えたり人によってその能力は様々。そしてカナンの持つ共感覚とは?

あらすじ

渋谷を襲ったウーアウイルス・テロから2年。被害者の一人である大沢マリアは、「ヘヴン出版」の新人カメラマンとして古参のライター御法川実と共に上海を訪れる。そこでマリアは犯罪組織「蛇」をめぐる紛争に巻き込まれ、「鉄の闘争代行人」の異名を持つ友人カナンと再会し助けられる。カナンは「蛇」の首魁である宿縁の相手、アルファルドと戦いを繰り広げ、その彼女をマリア、御法川が追う。「蛇」の陰謀に関わる各国諜報組織も見え隠れし、カナンを中心に人々の運命が動いていく。

カナンはオリーブドラブ色のフレームを組み込んだベレッタPx4 Stormを愛用。

イタリアベレッタ社製ポリマーフレームの自動拳銃。
それまでのベレッタの銃の特徴であるオープンスライドのデザインからフルカバー型に変更することで、コンパクト化を図った。
またローテイティング・バレル(銃身回転)方式を採用するなど、M8000を継承するベレッタ社新世代型の銃。
弾丸は各パーツの交換により9x19mmパラベラム弾他、3種類に対応ができる。

GUNGRAVE「ガングレイヴ」

ただし、死者を蘇らせるネクロライズ云々というアニメ的な設定がついてくる。それ以外は骨太で結構リアルなストーリーになってる。
1話目は見なくていいかも・・・

元々はPS2のゲームソフト。
テレビアニメの放送は2003年10月から2004年3月まで。

あらすじ

一つの町を丸ごと支配する巨大組織「ミレニオン」。組織で凄腕のスイーパーとして働いていたブランドン・ヒートは、親友であるハリー・マクドゥエルの裏切りによって殺されてしまう。やがて組織のトップに立ったハリーは、禁断の蘇生技術「ネクロライズ」を利用してミレニオンの勢力を拡大させていった……。
 しかし、死んだはずのブランドンもまた、記憶と感情を引き換えにネクロライズを受けていた。巨大な二挺拳銃「ケルベロス」を携え、重火器を満載した棺桶を背負い、“死神”ビヨンド・ザ・グレイヴは単身ミレニオンに戦いを挑む――。

ブランドン・ヒートはミレニオンのスイーパーとして活躍していく。
P226の二挺拳銃。それは撃ちにくくない?

P210の後継機P220の改良型として1980年に登場したのがこのP226。マガジンをダブルカラムにして装弾数を増やすなどの改良点が見られる。
また長時間水や泥の中につけた後でも確実に作動するほど耐久性も向上している。
しかし米軍のトライアルでは、高価格であること、マニュアルセイフティがないことなどからベレッタM92Fに負けている。

グレイヴが持つ大型銃の名称。
威力が大きすぎてふつうの死人兵士には扱えない。

全長60センチ、口径16mm、死人兵士用に作られた、弾数10億発?の巨大拳銃。RIGHT HEAD(赤)、LEFHT HEAD(白)の2丁で一組となっている。

NOIR「ノワール」

ノワール――
其は古よりの定めの名
死を司る二人の乙女
黒き御手は嬰児の、安らかなるを護り給う

放送は2001年4月から9月。テレビ東京のアニメ作品。
美少女ガンアクション3部作の1作目。
意図的なのか3作品とも話の流れや人物などの設定がよく似ている。さらに話の軸となる部分はどれも抽象的で難解なところはいかにもオリジナルストーリーのアニメらしい。

ちなみに「ノワール」とはフランス語で「黒」という意味。

あらすじ

フランスのパリで暗殺代行業を営むミレイユ・ブーケはある日、夕叢霧香と名乗る日本の女子高生からメールを受け取る。
そのメールを開いたミレイユは驚愕した。メールにはミレイユが幼い頃、両親が殺された現場に流れていたオルゴールの曲が添付されていたからだ。
日本へ飛んだミレイユは霧香と会う。彼女は女子高生として暮らしていたが、過去の記憶を失っており、身元も家族もすべて偽造されたものだった。
霧香は自分の正体を知るためにミレイユに協力を依頼する。ミレイユもまた、両親の死の真相を探るために霧香をパリに連れて帰り、自分を超える暗殺術を持つ彼女をパートナーとして暗殺代行業を手伝わせることにした。

夕叢 霧香(ゆうむら きりか)の愛銃。
銃の描写はいまいちで画面では真っ黒に映ることが多い。
この娘がここまでするどい目をするのは珍しい。

第二次世界大戦中にイタリア陸軍で使用されたベレッタ社の自動拳銃。
小型軽量で扱いやすい。
弾薬は.380ACP弾 を使用するため威力が弱いという欠点がある。

ミレイユ・ブーケの愛銃。
こちらも真っ黒だがシルエットでそれとわかる。

ドイツのワルサー社が1996年に開発した自動拳銃。
露出した撃鉄を持たないハンマーレス型で、コンパクトなボディにはポリマーフレームを採用している。

 - アニメ

×