ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

何でこんなに切ないんだろう…アニメ『坂道のアポロン』

   


坂道のアポロン

『このマンガがすごい! 2009』オンナ編で1位を獲得。第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞。
2011年12月にテレビアニメ化が発表され、2012年4月から6月まで放送された。

あらすじ

1966年初夏、男子高校生・西見薫は船乗りの父親の仕事の都合で、横須賀から長崎県の佐世保市にある佐世保東高校に転校した。

転校初日、同じクラスのバンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。

薫は千太郎の幼馴染である迎律子を好きになるが、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香に、百合香は桂木淳一に思いを寄せていて、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。

登場人物

声 - 木村良平、古木のぞみ(少年期)

本作の主人公。高校1年生。船乗りの父親(声 - てらそままさき)の仕事の都合で、幼い頃から何度も転校を繰り返してきた。

秀才で真面目だが、繊細で人付き合いが苦手。ある時からストレスで吐く癖がついてしまう。

伯父の家に居候しているが、従妹と伯母(声 - 城雅子)に嫌味を言われる日々を送っており、窮屈な思いをしている。

小学生の頃から、ピアノを弾いており、腕前も良い。クラシックしか弾いたことがなかったが、千太郎に挑発され、ジャズに挑むようになる。

律子の無垢な笑顔に癒され、恋に落ちる。

豪快かつ型破りな性格で、腕っ節も強く、学校中から「札付きのワル」と恐れられているが、明朗で面倒見が良く正義感も強い。

首に母親の形見のロザリオを下げている。律子とは幼なじみ。

日本とアメリカのハーフだが、日本人の母親は千太郎を残して姿を消し、叔父夫婦に引き取られた。

妹と弟(叔父の子)が2人ずつおり、とても慕われている。

ジャズのドラム担当。字を書くときは左利きだが、ドラムセットは右利きのものを使用している。

千太郎の幼馴染で、薫のクラスの学級委員。

実家は、レコード店「ムカエレコード」。

ミステリアスな雰囲気を持つ美少女だが、性格は活発で好奇心旺盛。

 - アニメ

×