ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

マイナーだけどオススメなディズニー長編作品!

   


未だ人気作を出し続けているディズニー

アナと雪の女王を始め、未だにディズニー作品は大人気ですよね。
しかし今回はあまり知られていない、又人気はヒット作と比べイマイチだけどオススメなディズニー作品の一部をまとめます。
(個人的な趣味で選んでいますし、根っからのディズニーファンにとってはどれもマイナーではないとは思いますがご了承のほどお願い致します)

ヘラクレス(1997年)

ヘラクレスは知ってる方は案外多いと思います。が、見たと言う方は案外少ない
そんな作品のように思います。
見ての通りギリシャ神話がモチーフではありますが、オリジナル要素も強いのでそこは賛否
わかれるようです。

挿入歌

ディズニー映画ではお決まりのミュージカル調の作品ですが、まずその挿入歌がどれも良いです。個人的オススメは「Zero To Hero」ですが、その他の曲も勿論素晴らしいので是非聞いてみてください。

ヒロインが魅力的

ヘラクレスのヒロインであるメグ(メガラ)はとてもチャーミングな女性です。
死者の国を治める神ハデスの手下ですが、それには悲しい理由があり、またその悲しい過去故に
男性不信になっています。
ハデスにヘラクレスを誘惑するように言われるメグですが、段々ヘラクレスに惹かれていく事に。
恋じゃないと否定しながらもしっかり恋する乙女になっていく彼女は非常に可愛らしいです。

ノートルダムの鐘(1996年)

リトル・マーメイドから始まったディズニー・ルネッサンス。
ノートルダムの鐘はディズニー・ルネッサンスと呼ばれる映画の中の一つで、特に異色な作品です。
ディズニーにしては非常に暗く重いテーマでまず子供向けではない。なごみ&笑い要素が主人公カジモドの友人である3人組の石像くらい。

挿入歌

こちらも挿入歌が素晴らしい。のですが
日本語吹き替えだと歌詞をギチっと詰め込んでいる(字余りで捲し立てるように歌っている部分があったり)
オリジナルと比べ意味が分かりにくい訳し方もされていたりする
ので吹き替えの歌詞はあまり評判がよくありません。
しかし吹き替えのキャストは劇団四季で活躍していた実力者が多く参加しているので、演技も
歌声も素晴らしいです。

異色の作品 異色の悪役

クロード・フロロー

最高裁判事という職についている男。主人公カジモドの育ての親ではあるが、カジモドの母を
結果的に殺したのは彼であり、司祭に咎められカジモドを育てる事にしたが勿論そこに愛はなく、醜い彼をノートルダム大聖堂の鐘楼に閉じ込める。
偏見、差別の塊であり長くジプシー狩りを行っていたが、ヒロインである美しいジプシーの娘エスメラルダに恋をしてしまう

年老いた男が若い娘に歪んだ恋情を向ける様は良い意味で気持ち悪いので必見。
自分を善だと信じて疑わない悪役はディズニーでは珍しく、またフロローがエスメラルダを想って
歌っている「罪の炎」は人気が高いです。愛憎が凄まじい。
ちなみに主人公のカジモドも、そのフロローの歌の直前にエスメラルダを想い歌っているのですが
それがまた純粋で切ない。
カジモドとフロロー。同じ女性の事を歌っているのにあまりにも印象が違うので
その違いも是非楽しんで欲しいです。

トレジャープラネット(2002年)

比較的最近の映画ですがこの作品を見た事がある人には全然会った事がないです。
冒険小説で知られる「宝島」の舞台を海から宇宙へ変えたような感じです。
そして父と子がテーマの作品でもあります。

ヒロインがいない作品でありミュージカル調でもない

主人公ジムは冒険に憧れ、空を飛ぶソーラーボードなどを自作してしまえる程頭が良い少年なのですが、幼い頃に父親が出て行った事が心の傷として残り、非行を繰り返していました。

ひょんな事から宝の惑星トレジャープラネットの地図を手に入れたジムは母の旧友であるドップラー博士と共に、ずっと憧れていた冒険へ出る事になります。

人間と獣人、モンスターなど多様な人種が入り乱れた作品であり、冒険活劇がメインなせいか
ヒロインと呼べる女性が登場しません。まず女性自体が少ないです。
何より、ドップラー博士が手配した船で出会うジョン・シルバーという半身がサイボーグの男との出会いにより、ジムに段々変化が訪れます。
シルバーとジムの親子のような関係がメインなので、ヒロインは必要ないんでしょうね。

恋愛色やミュージカル調が苦手な方、SFアドベンチャー的なものが好きな方にオススメです。

おしゃれキャット(1970年)

大人気となった子猫マリーの出演作品ですが、この映画を見た、知っていた、という方は少ないですね。
今はディズニーシーで彼女の兄弟のトゥルーズやベルリオーズも登場していますから、前より認知度は上がったんでしょうか?

挿入歌

挿入歌はおしゃれキャットなだけあっておしゃれなジャズばかり。
ジャズ猫と呼ばれる野良猫のバンド集団がいたりします。
ディズニーの曲はどれもクオリティが高いのはもう当たり前ですが、おしゃれキャットの曲は
全体的にシックでレトロな感じです。

主人公はマリーではない

 - アニメ

×