ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

アニメ『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』を見る順番!

   


この記事は私がまとめました

STEINS;GATE 原作はゲーム!

あらすじ

秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーを務める大学生の岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)の橋田至や幼馴染でもある椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。2010年7月28日、岡部は橋田と共に向かった講義会場で天才少女の牧瀬紅莉栖と出会うが、ラジ館の8階奥では血溜まりに倒れている紅莉栖を目撃し、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。その直後、めまいに襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。先ほど送信したはずのメールはなぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた。

①「STEINS;GATE」第1作

放送期間 2011年4月 - 9月
話数 全24話+(SP1話)

SPは2012年2月22日発売第9巻収録のテレビ未放送エピソードの第25話。
第25話は原作ゲームにも存在しないストーリーである。

2016年2月5日発売のコンプリートBlu-ray BOXには、本編24話・SPECIAL・劇場版に加え、映像特典として23話(β)が収録される。

エンディングは2種類あり、23話(β)は「STEINS;GATE 0」に繋がる。

各話リスト

#01始まりと終わりのプロローグ
#02時間跳躍のパラノイア
#03並列過程のパラノイア
#04空理彷徨のランデヴー
#05電荷衝突のランデヴー
#06蝶翼のダイバージェンス
#07断層のダイバージェンス
#08夢幻のホメオスタシス
#09幻相のホメオスタシス
#10相生のホメオスタシス
#11時空境界のドグマ
#12静止限界のドグマ
#13形而上のネクローシス
#14形而下のネクローシス
#15亡環上のネクローシス
#16不可逆のネクローシス
#17虚像歪曲のコンプレックス
#18自己相似のアンドロギュノス
#19無限連鎖のアポトーシス
#20怨嗟断絶のアポトーシス
#21因果律のメルト
#22存在了解のメルト
#23境界面上のシュタインズゲート
#24終わりと始まりのプロローグ
#23(β)境界面上のミッシングリンク

■アニメとゲームの違い

基本的に原作ゲームのストーリーに沿った内容で映像化され、トゥルーエンディングに至るまでの物語が描かれた。ただし一部の、原作ゲームにおいて見なくてもクリア可能なイベントなどはカットされている。

②「STEINS;GATE」 負荷領域のデジャヴ (劇場版)

公開日:2013年4月20日
上映時間:89分

トゥルーエンド(「STEINS;GATE 第1作」の24話最終回)の後(正確には「STEINS;GATE 第1作」の25話SP「横行跋扈のポリオマニア」終了後)、ラボメンたちに振りかかった事件が描かれる。

③STEINS;GATE 0

放送期間:2018年4月 - 9月
話数:全23話+SP1話

SPは未放送話エピソードです。

第1作の再放送版、第23(β)のエンディングを迎えた後の物語として描かれている。

各話リスト

#01零化域のミッシングリンク
#02閉時曲線のエピグラフ
#03双対福音のプロトコル
#04亡失流転のソリチュード
#05非点収差のソリチュード
#06軌道秩序のエクリプス
#07振電遷移のエクリプス
#08二律背反のデュアル
#09永劫回帰のパンドラ
#10存在証明のパンドラ
#11存在忘却のパンドラ
#12相互再帰のマザーグース
#13回折叙唱のマザーグース
#14弾性限界のリコグナイズ
#15漸近線のリコグナイズ
#16無限遠点のアルタイル
#17双曲平面のアルタイル
#18並進対称のアルタイル
#19循環座標のアルタイル
#20盟誓のリナシメント
#21結像のリナシメント
#22投企のリナシメント
#23無限遠点のアークライト
#SP結晶多形のヴァレンティヌス

『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』のおすすめの見る順番はこれ!

①『STEINS;GATE』第1作
②『STEINS;GATE』第1作の25話にあたるSP
③『STEINS;GATE』負荷領域のデジャヴ (劇場版)
④『STEINS;GATE』第1作の再放送版、23話(β)
⑤『STEINS;GATE 0』

 - アニメ

×