ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

<ネタバレ注意>アニメ「けものフレンズ」の謎や伏線を解説・考察してみた 1話編

   


けものフレンズとは…

主人公の かばんちゃんがかわいい動物のフレンズたちとの交流の中で自分の正体を探し求めるお話

ほのぼのとした世界観と思いきや、段々と謎やちょっとダークな一面が…
そういった要素に魅了される人が続出し、ブームになりました。

ここからは、アニメけものフレンズの根幹にかかわるネタバレを含みます。
まだアニメを見ていない方は、お気を付けください。

第一話 さばんなちほー

初見時には多くの人に不評だった一話ですが、最後まで見てから振り返ってみると多くの伏線が
ちりばめられ、全体の基礎になっていることがわかる重要な回でした。

冒頭から存在するキラキラした物体

動物や動物だったものに触れるとフレンズが、無機物に触れるとセルリアンが生まれる

サーバルちゃん

たべないでください!

かばんちゃんの持ちネタ 以後何かにつけてたびたびこのネタを使おうとする

かばんちゃんに記憶がない理由

かばんちゃんは、ヒトの体毛から生まれたフレンズであり、誕生したばかりなので 記憶がない

わかんないや!

サーバルちゃん(猫)の「わかんないや」の顔めっちゃすきなんです

サーバルちゃんのわかんないや顔がブーム

シマウマ

サーバルちゃん「あ、あそこにシマウマちゃんがいるね」
おれ「なめくじ、じゃないの…?」

けものフレンズ一話を見返して初めて気づいたこと。しましまのなめくじと思っていたものがシマウマのフレンズだったこと……

サーバルちゃんによる木登りレッスン

11話でのサーバルちゃん救出 12話での超人的な木登りパフォーマンスへ つながっていく

けものフレンズまたみてる。1話でなかなか木に登れないかばんちゃんにサーバルちゃんが登り方を教えるほんのわずかなシーンが、終盤のとても重要な伏線になっていたんだなあ

 - アニメ

×