ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

ようこそ実力至上主義の教室へ あらすじ解説・名言・原作

   


声 - 花江夏樹
学籍番号:S01T004651
入試の試験のテストの「学力」では入試を全て50点で調整していることから、全校生徒中トップクラス。
本人自身、高校入学までは「ホワイトルーム」という施設で暮らしていたそうで、あまり同学年の子たちと関わってこなかったからか、Dクラスで「ぼっちで影が薄い奴」という評価を受けています。この主人公の面白い所が、一貫して自分自身が表舞台に立たないという所です。

声 - 鬼頭明里
2015年に公開されたPVでのCVは大西沙織だった。
学籍番号:S01T004752
成績が良く、入試の点数は3位だった。
協調性に関しては全校生徒の中でも屈指の低評価でDクラスへの配属となる。
学園の生徒会長である堀北学の妹
Aクラス入りを目標にしている理由は「何をやっても完璧」なお兄さんに認められ、彼を超えたいから

他者を思いやる気持ちや協調性において多々欠けている部分があり、中学校では度々クラスメイトや教師と衝突することがあった。

社会に送り出すには強い矯正が必要であることから、Dクラスへの配属とする。

協調性:E
綾小路くんですら協調性の評価がD
まさに、「プロぼっち」

声 - 久保ユリカ
学籍番号:S01T004721
男女どちらに対しても人気のある気配りの出来る天使のような美少女。協調性に関しては全校生徒の中でも屈指の評価を得ており、入試の面接では満点を獲得しているそうです。

声 - 岩澤俊樹
日本有数の企業であるという「高円寺コンツェルン」の一人息子
学校全体でトップクラスにいるオールバックの男子。名家出身。性格は唯我独尊で協調性がない。Dクラスに配属されても「学園が自分の能力を測りきれなかっただけに過ぎない」というほど不遜な性格もしている。ポテンシャルが計り知れないほど高い。優待者を言い当てる特別試験も1回の話し合いで見抜いてしまうほど。

声 - 竹達彩奈
平田とは付き合ったフリをしており、中学の頃はいじめられっ子でそのことをCクラスの真鍋達に見破られた際には激しく動揺し、過呼吸に陥った。その後綾小路が平田を使って携帯の使えない地下に呼び出し真鍋達と接触され蹴る殴るなどされた。真鍋達が去った後綾小路にイジメの事で脅迫され視線が脇腹にいった時に綾小路に彼女の深い闇を見せてしまった。綾小路に「平田が寄生先だと不十分だが、俺ならお前を守れる」と言われ、自分の身を守るため迷わず綾小路に寄生先を変えて協力関係を築いた(体裁のため平田と付き合ったフリはやめてない。

声 - 逢坂良太
Dクラスのまとめ役。成績も人柄も優秀だが、なぜDクラスに配属されたかは不明。綾小路がDクラスを影で操っていることも気づいている。

Cクラス

声 - 水中雅章
Cクラスのリーダーを務める男子。クラスの信頼で周りをまとめるのではなく、暴力という恐怖政治的なやり方で統一している独裁者(ヤクザ社会でいうと組長的な存在)。もしも龍園くんに逆らった場合、龍園くんの陰湿な嫌がらせが自主退学するまで延々と続くようです。

声 - Ricky
高校生には見えない巨体の体つきを持つ黒人男子。入学直後は龍園に反抗していたが、最終的には屈した。

声 - 小松未可子
Cクラスで成績トップクラスにいるクールな女子。身体能力にも優れていて、特に格闘技術に長けている。口数が少なく単独行動を好む。ケヤキモールで夏休みに期間限定で行われていた占いに行っていて、年相応の女の子らしい面もある。このときの服装については、綾小路曰く、「なかなか清潔感ある私服で好感が持てる」。また、嘘をつくとき、無意識に相手の目を見て話す癖があると綾小路は分析している。Cクラス内で未だに龍園に反感を抱いている1人だが、その本人からはただの遊び相手としか見られていない。

Bクラス

声 - 東山奈央
櫛田の様に皆に接していて明るい性格。だが、かなり高いポイントを所有しており、天然か計算か分からない言動を綾小路にしている。船上の特別試験において(Dクラスと協力関係にあったため、グループの話し合いでは言わなかった)、綾小路の作戦を見破っていた。

Aクラス

声 - 梅原裕一郎
Aクラスに所属する3年生で、生徒会長。鈴音の兄だが、妹には冷たい態度を取り、Aクラスには上がれないと突き放すようにプレッシャーをかける。しかも当て身を食らわすなど非道なやり方をするが、綾小路に止められ未遂に終わる。頭脳明晰だけでなく武術の類などにも長けており、綾小路に向けて技を繰り出すが、どれも決まらず途中で止めて見逃している。その後、DクラスとCクラスの暴力沙汰事件を無かった方向にするきっかけを作った綾小路に興味を抱き始め、彼を生徒会に勧誘するなどという行動に出ている。

スキンヘッドが特徴の葛城。
小、中学校と常にトップの成績を維持し、長年生徒会の一員として生徒をまとめ上げてきた実績。原作3・4巻の「サバイバル」と「客船の特別試験」では、坂柳さん不在のAクラスを積極的に導きました。しかし彼のパッとしない雰囲気から、一部に「器用貧乏」と揶揄。

先天性疾患のために身体能力が著しく制限されており、「身体能力」はE-評価常に杖を携帯して行動。
Aクラスを掌握するために同クラスの反対勢力の生徒たちをことごとく叩き潰しており、最終的に残っているのが葛城派のみである

ネタバレ

原作の今までのホワイトルームについての言及から推測するに、ホワイトルームは子供に英才教育を施す施設であるようです。綾小路くんの父親がこのホワイトルームの運営に深く関わっており、Aクラス代表である坂柳さんも「ホワイトルーム」出身である。坂柳さん曰く、「綾小路くんはホワイトルームの最高傑作」

坂柳は「体育祭」までは綾小路くんの存在を知らなかったようです。

体育祭で綾小路くんが会長と競っている場面を見たことで、はじめて綾小路くんを思い出したのだとか。

まあ、綾小路くんを見たのは「8年と243日ぶり」

「私はあなたがどれほど凄い方なのか良く知っている」という坂柳さんの発言から考えるに、綾小路くんがホワイトルームの有名人だっただけかもしれません。

また、この再会で綾小路くんは「お前にオレが葬れるのか?」と坂柳さんを挑発しています

中学生の頃は現在のように他人の悪口を声に出すのではなく匿名ブログに記載するということでストレス発散をしていたが、クラスメイトに発覚してしまい、逆ギレの末にブログに書いていなかった未公開情報をその場で暴露し学級崩壊を招く。この情報は高校側にも伝わっており、彼女がDクラスに入れられた原因となっている。

綾小路に裏の顔を知られた後もそれまで同様に綾小路に親しく接しており、綾小路も櫛田の裏の顔は幻であったと感じたいと思いつつ警戒を緩めない関係が続いていた。その警戒は的中しており、船上の試験でDクラスの優待者が自分であることを龍園に流した裏切り者であり、その目的は自分の中学の頃を知っている『堀北』を『退学』させる事だった。その後体育祭で龍園にDクラスの参加表を流したことを綾小路に見破られたことで、綾小路も『退学』の標的にした。

 - アニメ

×