ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

どうして!?TVアニメ覇穹封神演義は大不評?

   


この記事は私がまとめました

記事の一部にストーリーに触れる部分があります。

cottageさん

懐かしの名作アニメ化の波!ファン待望のアニメ化

「銀河英雄伝説」を連載中の藤崎竜先生の名作「封神演義」が再びTVアニメ化決定!

原作は、1996年から2000年にかけて「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された、累計発行部数2200万部を誇る大ヒット作品。

殷の皇帝・紂王を誘惑し、暴虐の限りを尽くす仙女・妲己と仲間の前に為す術のない人間たち…。仙人界は地上の悪しき者を封印する封神計画を発動!元始天尊より任務を受けた道士・太公望は供の霊獣・四不象を従え地上に降り立つ。今ここに、仙人界と人間界を巻き込む壮大な計画の幕が上がる!

累計発行部数2,200万部の大ヒット!藤崎竜『封神演義』待望の再アニメ化!!ティザービジュアル初解禁!!!TVアニメ公式Twitter、本日8月3日より開始致しました。よろしくお願い致します。#hoshinengi_tv pic.twitter.com/sczYIfwCDA

過去アニメ化されたものの、原作完結後のアニメ化とあって期待された

仙界伝 封神演義(せんかいでん ほうしんえんぎ)
1999年7月3日から同年12月25日まで、テレビ東京系列で放送された。全26話。英語版タイトルは『Soul Hunter』。
アニメ版は本作から大幅な設定変更、アニメオリジナル展開が多く加えられており、藤崎竜が単行本の巻末で「アニメは『メタメタ封神演義』である」とコメントしている。

封神演義再アニメ化って本当ですか?
前回のアニメはクールの都合とかでオリジナル展開にせざるをえなかった感じだったので今回は原作再現に力を入れた奴が見てみたいなぁ。

封神演義マジっすか…懐かしくて泣きそう。

しかし、制作陣発表の時点で既に不穏視される

今回一番物議を醸しているのが、シリーズ構成に「高橋ナツコ」さんが起用されていることです。

元はバラエティー番組の構成作家としてデビューしていましたが、最近はアニメの脚本を多く手掛けています。

アニメに関しては原作ファンに「原作クラッシャー」と言われてしまうほどの原作無視・オリジナル展開が不評でした。

ただし女の子同士の友情を描かせると抜群で、その界隈のファンからは神と言われるほどの逸材です。

藤崎竜先生も悪い意味では無く原作クラッシャーと称されています。

高橋ナツコさんの起用、技量の読めない脚本、2クールやる地力があるかがわからない制作会社。

そんな評価を決定付けたかのような1話放送後

放送を重ね、次第に構成家への色眼鏡が抜けてもなお悲観視を覆す事はできず

何故名作がここまで不評の結果となってしまっているか?

中盤エピソード「仙界大戦」を中心にすることを明言。結果仙界大戦までの原作第1巻から第13巻までを駆け抜ける

数々の名エピソードや後の伏線を省略した結果、後の展開に次々と矛盾が生じ始める

石琵琶を人質にできたことが宮中に殴り込んだ太公望の生命線だったのに、
 省いてしまったことでのちの展開が滅茶苦茶に

「本物の妲己はスープーのことを、スープーちゃんと呼ぶのだよ!!」とどれほど師叔が熱をあげて言ってもアニメでは誠に残念ながらそれを確認することが出来ない。

蝉玉ちゃんを人質に取られてないなら
玉鼎真人が陣内のオモチャを全部斬ってもよかったやろ…。
流れに矛盾が出てきちゃってます…。

脚本に変更があるにも関わらず、カットや台詞は原作をそのまま流用しています。

エピソードを削る一方、混乱を招く先々のエピソードの挿入

まさか本編に全く関係ないアバンをやるまでになるとは誰が予想するだろう。

アバンタイトルでとんでもない「ネタバレ」をしてしまっている結果、楊戩のキャラクターが原作からも大きく乖離したものとして映ってしまった感がある。

何度も時間軸をシャッフルし、さらに混乱させる構成

 - アニメ

×