ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

【神作】究極のクソアニメ、ネタアニメまとめ【けものフレンズ2】

   


この記事は私がまとめました

ちなみにオラクルはねー、えー…彼女とエッチしてた時、おっきなオナラしてー、すぐ別れました。

さもぷりさん

様々なクソアニメ、ネタアニメを集めました

臨時追加予定

三十年以上前にナック社で製作された五分アニメ。
その独特な台詞回しや癖になる話のテンポ、各所にちりばめられた粗、みりき的な登場人物から一部界隈においては非常に高い人気を誇る。
人気が出始めたのはなんと放送から数十年も後だった。
現在はアマゾンプライムなどで視聴が可能。

一見ネタアニメではあるが、当時の世相を反映した話や環境問題をテーマにした話や『命』の大切さなどを説いた話もあり意外と重い内容もある。
ただし演出やその他が追いついておらず、あまり真面目な話には見えないのだが…

妙に人間臭い仕草や、毎回あまりにも回りくどい人類攻撃作戦を決行するなど、敵ではあるが愛されキャラとしても有名。
しかし工場廃液回や伊豆囚人島の様にたまにガチで攻めてきたりもする。
変身能力を持っており、これで研たちを惑わす。

主人公である『泉研』が敵である『ジュラル星人』に一切の情けを掛けず殺す一方、ジュラル星人のリーダーである『魔王』は妙に人間臭い描写が多い。
地球人とジュラル星人には植物に関する確執があるようだが、詳しくは語られなかった。

・良い点

・実は漫画版もある。本編で語られなかった『チャージマンスーツの謎』や『ジュラル以外の宇宙人』などの描写もある。読む手段が現状存在しないのが欠点。

・一見ネタアニメではあるが、当時の世相を反映した話や環境問題をテーマにした話や『命』の大切さなどを説いた話もあり意外と重い内容もある。

・一応、ストーリー自体は正統派
悪人を倒すヒーローをわずか数分のアニメで表現している

・問題点

・よく尺が余ることで有名。止め絵を十秒以上映すこともザラ

・一方で尺が足りなきなることもある。連れ去られたボルガ博士を追跡するシーンなどは尺の都合カットされてしまったらしい。

・単純にBGMの数が少ない

・演出やその他が追いついておらず、シリアスな話でもあまり真面目には見えない。

・担当声優のほとんどは劇団員であり、本業では無かった。
演技には一部を除き問題は無いが、後年のアニメ雑誌の誤植などが原因で声優などの情報が間違って伝えられてしまった。

・一部モブキャラの声が安定しない。
モブのクラスメイトの眼鏡の女の子(通称モチ代)とクラスメイトのデブ(通称キノコデブ)は比較的出番も多いだけにどうしても目立つ

・背景の塗り忘れやキャロンの後ろの謎の陰、ワンカットのみ写る実写背景など妙な作画ミスがある

・スタッフが仕事を投げ出し海に遊びに行ってしまったことがある

人気CGアニメ『ビーストウォーズメタルス』の続編。
メタルス放送から数年後に作られた。
しかし制作陣が変更されており、ストーリーやキャラデザが昔の者とはかけ離れたものに変更。
ストーリーには宗教的な内容や死なども含んでおり、子供向けとは思えぬほど暗く、非常に陰惨な内容になってしまった。

海外で放送され、その後に日本でも放送された。
しかし海外では全く人気が出ず、ビーストウォーズシリーズどころか『トランスフォーマー』シリーズそのものの存続までが危うい状態にまでなってしまった。
海外の制作陣には非難が殺到した。
放送後、別のトランスフォーマーのアニメが人気を得たため何とか事なきを得たが…

ビーストウォーズシリーズの目玉であった『玩具と同じ変形をするトランスフォームシーン』が消滅し、光に包まれ変身するという雑なものに変更。
キャラデザも近未来的な金属生命体のようなデザインから生体部分と機械が混ざった奇妙なデザインに変更。
海外のマニアからはそっぽを向かれてしまう。

最初から人気を得られないと日本側で把握していたのか、小規模に放送された。
発売予定の無かった玩具もトイザラス限定で少数が発売された。
出来は良いが、一部作中とはデザインが異なるものもある。
変形上の都合だろうか。

結果、日本では『声優にアドリブで演技をさせる』カオスなアニメとして放送された。
そうでもして陰湿な空気を払しょくさせる必要があったのだ。
(もともと『初代』と『メタルス』もアドリブが強めの作品だった)
最低限のストーリーの説明だけを行い、移動シーンや戦闘シーンの掛け声ややりとりなどはほぼ全てアドリブの演技となった。
下ネタや内輪ネタばかりではあるが、なんとか明るく見せようとの努力が見られる。

しかし、そんなぶっ飛んだテコ入れの甲斐あって、日本版は古参ファンからの批判も受けつつ、世界で唯一ではあるが一定の人気を獲得出来た。

・良い点

・声優のアドリブがおもしろい

・海外版では続編の『トランスフォーマー ユニバース』が存在する。本作で死んだキャラクターや以前のメタルス、その他作品などで死んだキャラクターが復活し、再び活躍するというストーリーである。本作で裏切りの果てに死んだ『ライノックス』など一部のキャラクターは救済処置などもとられている。しかしエアラザーはまた死ぬ。

・日本版でも独自の続編が存在する。
記憶を失ったコンボイとメガトロンが謎の遺跡を探索。
互いを戦士として認め合うが、先にメガトロンにのみ記憶が戻ってしまい…
という内容。

・『メタルスパワードコンボイ の姿をコピーしたメガトロン』vs『リターンズコンボイ』といった普通に燃える展開もある。

・問題点

・キャラクターデザインが気持ち悪すぎる

・生体と機械が入り混じったデザインであり、玩具化も想定されていないデザインだった。一応、玩具化には成功した

・宗教的な内容や死なども含んでおり、子供向けとは思えぬほど暗く、非常に陰惨な内容になってしまった。

・アドリブで無理矢理明るくしてるものの、それでもギスギスは隠せなかった。
特にラットルとチータスの関係が顕著。

・海外では全く人気が出ず、ビーストウォーズシリーズどころか『トランスフォーマー』シリーズそのものの存続までが危うい状態にまでなってしまった。

・声優暴走アニメになったのは監督曰く、「メタルスまで見てた子供は大人になってるだろうし、新しい子供の開拓も多分ムリだから」

・これまでのシリーズにあった『影山さんのカッコいい歌』が無い
おなじみのみんなでの合唱もできない。

・背景が常に暗く、単純に見辛い。
これまでの作品では青空を自由に飛び回るキャラクターや森林や夕日の荒野、青い海と言った様々なシーンが登場していた。
だが今回のリターンズでは常に暗い空と無機質なビル群、あるいは地下等しか映らない。
(最終回で青空が少しうつる)

・んー、ちなみにオラクルはねー、えー…
彼女とエッチしてた時、おっきなオナラしてー、すぐ別れました。

人気シリーズである『ガンダムシリーズ』の作品。
ガンダムW以降の『アナザーガンダム』シリーズの流れである『美系キャラクター』と初代ガンダムやその派生作品である08小隊などにみられる『泥臭さ』が混じった作品として注目を集めた。
主人公が敵(悪人では無いが敵対したという者も含めて)を容赦なく殺す過激な描写やグレイズアインなどがアナザーガンダムにはなかなか見られぬ展開であったため、それらが含まれる一期はとても人気が高かった。
タイプが違う複数のヒロインや、兄貴分となる多くの人物などから二期にも期待がかかったが…

『ガンダム・フレーム』や『派生機の多いグレイズ』などの設定から、作中に登場した機体のほぼすべてがガンプラ化されている。
言い方を変えればパーツの流用を多くのガンプラで行っているのだが、それを設定として上手く昇華している。

また、モビルアーマーなどの大型機体などもプラモ化している。
前作である『ビルドファイターズ』の流れも汲んでいるのか、カスタマイズパーツも多数発売。
主要商品であるガンプラの展開ではとても恵まれている。

放送後に行われた「全ガンダム大投票」において本作の主人公の相棒である『オルガ・イツカ』が一位となった。

ネタ人気もさることながら、女性人気も高く直近の作品だったことも大きいだろう。

キャラクター部門では一位だったが、総合人気では初代ガンダムの『アムロ・レイ』と『シャア・アズナブル』に敗北している

キャラクター部門
1位:オルガ・イツカ(主人公の兄貴分)
14位:三日月・オーガス(主人公)

モビルスーツ[メカ]部門
10位:ガンダム・バルバトスルプスレクス(最終形態)

ガンダムソング部門
6位:フリージア(オルガが死ぬときに流れている曲)

男女比率55:45というバランスのとれた投票層による高評価を証明した

・良い点

・作画、キャラデザ、メカデザインがカッコいい
これまでのガンダムシリーズでは見られぬ異形の機体が多く登場するが、全てガンダムシリーズから逸脱はしない、優れたデザインである

・ガンプラの出来がいい
作中に登場した機体はほぼ全て何らかの形で販売、あるいはカスタマイズパーツや少しの改造で再現が可能になっている

・アナザーガンダムではなかなか見られぬテーマを扱っている
強いて言うならば過去の『ガンダムX』が比較的近いかもしれない…?

・グッズ展開が非常に幅広い

・主人公の息子が登場するという点だけはガンダムシリーズでも非常に珍しい

・問題点

 - アニメ

×