ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

【泣ける】涙腺崩壊系アニメ5選【おすすめ】

   


この記事は私がまとめました

FkiShin0907さん

①CLANNAD[クラナド] (2007~2008年)

進学校に通う高校3年生の岡崎朋也は、無気力な毎日を送っている。毎日同じことの繰り返し。

周りのみんなのように学校生活を楽しむこともできず、毎日遅刻ばかり。
そのためか、校内では浮いた存在になっていた。ある日、朋也は学校まで続く坂道の下で、一人の少女と出会う。

(TVアニメ動画『CLANNAD [クラナド]』のwikipedia・公式サイト等参照)

1期と2期があります。1期はギャグもあり笑って楽しめ、2期になるにつれ涙を誘うようなストーリーになっていきます。

「キャラの書き方が苦手」という人もいるかもしれないですが、そんなことが気にならないくらいストーリーに引き込まれるので、1度は見てほしい作品です。

この作品に出会ったおかげで感動するということを思い出せた、個人的には最高作品です。
絵が嫌いと言う理由で見てない方が結構いると聞きますが、はっきり言って見ないと損だと思います。

自分と同じ様にキャラの描き方が苦手で見ないという方は本当に一度騙されたと思って見てみてください。
観ていくうちにキャラの個性に自分は惹きこまれて作画なんて気にならなくなっちゃいましたよw

②あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(2011年)

昔は仲良しだった幼馴染たち。でも、高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。

ヒキコモリぎみの主人公“じんたん”。ギャル友達に流され気味の“あなる”。進学校に通う“ゆきあつ”と“つるこ”。高校に進学せず旅を重ねる“ぽっぽ”。そして、仲良しだった小学生の頃から、それぞれが変わっていく中で変わらない少女“めんま”。

ある日、“お願いを叶えて欲しい”とじんたんにお願いをするめんま。困りながらも“めんまのお願い”を探るじんたん。そのめんまの願い事がきっかけとなり、それぞれの領域でそれぞれの生活を送っていた幼馴染たちは再びかつてのように集まりはじめる。

深夜アニメ特有の雰囲気はアニメ初心者にとってなかなかとっつきづらいかもしれないが、このアニメはそういった作風ではないので、見やすいと感じます。

また、話数も11話と多くないので見やすいです。

必ず最後まで観てください!必ず泣けます!
皆さんの評価が高いのは納得出来ました。とっても面白いです。短いストーリーですが、とても良くまとまっています。そして、声優陣が素晴らしい味を出しています。音楽も良く心に残る作品だと思います。一度は観て欲しい作品です!オススメ出来ます!

ストーリーも、音楽も、作画も、最高に良く出来た作品であったと思います。
また最終回を向かえてから見直すと、1話2話が鮮明になり、良く作り込まれていることが分かります。

③STEINS;GATE[シュタインズゲート] (2011年)

厨二病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎は弱冠18歳でアメリカの科学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。

しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。その直後、ラジオ会館ビル屋上に人工衛星らしきものが墜落しており周辺が警察によって封鎖されていたことに気付く。検証の結果、発明品の一つである電話レンジ(仮)が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。そして…。

中二病全開なセリフや2chを思わせるようなネタやギャグがちりばめられていますが、物語としてはシリアスな部分が多いです。

前半は少し退屈な展開ですが、後半は間違いなく引き込まれます。怒涛の追い上げからの最終回はかなりの感動を呼び寄せるでしょう。完成度はかなり高いです。

SFは苦手とか言っていないでとにかく見てほしいです。

中盤過ぎからのスピードアップ!
息もつかせぬよう様なスリリングな展開‼︎

そして…まさかの…終盤に涙‼︎

シナリオは勿論、音楽や作画も非常に高水準な作品
キャラクターが多いが、主要キャラのほとんどに
感情移入してみることが出来たので非常に楽しめた。

④コードギアス 反逆のルルーシュ(2006~2008年)

皇暦2010年8月10日、世界唯一の超大国神聖ブリタニア帝国は日本と地下資源サクラダイトを巡って対立し宣戦布告、日本に侵攻した。日本は占領され、ブリタニアによって「エリア11」と呼称される。日本人は「イレヴン」と蔑まれ、自由を奪われブリタニアの総督により支配された。ブリタニアは「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器により世界の3分の1を支配下に収めた。しかし、その圧倒的な支配にも亀裂が生まれようとしていた。(TVアニメ動画『コードギアス 反逆のルルーシュ』のwikipedia・公式サイト等参照)

ロボットアニメはニガテ...という人もいるかもしれませんが、このアニメはロボットが戦う、ということよりも頭脳戦の要素がとても楽しめます。

一話見たら止まらなくなるストーリー、ぜひ堪能してみてください。

「平和」を目指すという想いは同じなのに、
争いが起こる。これがこの作品のテーマなのでしょうね。
前作は頭脳戦が熱かったのですが、今作は、
悲しい話が印象的でした。
特に最終回は涙腺崩壊です;;

⑤Angel Beats![エンジェルビーツ] (2010年)

森に囲まれた丘陵地にある、生徒総数2000名を越える全寮制のとある学園だがそこは死後の世界だった。

現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くし、消滅(成仏)し、転生する。しかし、転生することを拒む人々がいた。少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線(以降、戦線)」は、理不尽な人生を強いた神への復讐を目的とし、死ぬことのないこの世界で、学校の秩序を守る「天使」と日夜戦いを繰り広げていた。

生前の記憶を失った少年・音無は、戦線のメンバーと行動を共にするが、次第にこの世界の真実を知ることとなる。

出典hdpic.org

クラナドの原作となったゲームや他にも『泣きゲー』と呼ばれる涙腺崩壊系恋愛ゲームを世に送り出している『Key』のオリジナルアニメ。

さすが『泣きゲー』をたくさん世に送り出しているだけあってそのストーリーは感動ものです。
特に後半の展開に注目!

所々のギャグも面白く、飽きるなんてもってのほか、早く次回を観たくてたまりません。
ギャグだけではなく、ストーリーの合間に明かされる他の戦線メンバーの「人生」が物語をシリアスにしていきます。
ゆりの理不尽な過去が、岩沢の孤独な人生が、日向の悔しい想いが、この世界での彼らの存在意義であるのです。

最後まで見ない人はきっと損しますよ。そしてラスト思う存分に号泣してください。
 一度断念している自分が言うのもなんですがあえて言わせてください!!下手なドラマなんかより全然心に残る作品です。

◎おすすめまとめ

 - アニメ

×