ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

【アニメ】感動しすぎて涙腺崩壊…泣けるおすすめアニメまとめ!

   


秒速5センチメートル

東京の小学生・遠野貴樹と篠原明里はお互いに対する「他人には分らない特別な想い」を抱えていた。しかし小学校卒業と同時に明里は栃木へ転校してしまい、それきり会うことが無くなってしまう。

貴樹が中学に入学して 半年が経過した夏のある日、栃木の明里から手紙が届く。それをきっかけに、文通を重ねるようになる2人。

しかしその年の冬に、今度は貴樹が鹿児島へ転校することが決まった。鹿児島と栃木では絶望的に遠い。「もう二度と会えなくなるかもしれない…」そう思った貴樹は、明里に会いに行く決意をする。

この作品は私の心に確実に何か暖かいような棘のあるようなものを植え付けてくれました。その感じ方は人それぞれでしょうが、何かを感じた人が多いことが、この作品が愛されている所以なのでしょう。

人生の瞬間瞬間を切り出した叙情詩みたいなアニメ?おそらく新海監督自身の心の中にある心象風景をアニメ映像に乗せて表現してるからリアルに伝わるのだと思う。

見ていると心が苦しくなる。それでも美しい思い出のようで目を離せない、そんな作品でした。

エルフェンリート

側頭部の対となる二本の角とベクターと呼ばれる特殊な能力を持つ女性型ミュータント、二角奇人(ディクロニウス)。彼女らは人類を淘汰する可能性を持つとされ、離島の国立生態科学研究所に国家レベルでの極秘機密と して隔離、研究されている。

ある日、偶発的な事故によって、研究所に隔離されていたディクロニウスの少女ルーシーは拘束を破り、研究所からの脱走を試みる。海に飛び込む直前に頭部に銃撃を受けるものの幸い軽症で済み、彼女はそのまま海へ投げ出される。

一方、大学に通うため親戚を頼りに鎌倉にやってきた青年コウタは、いとこのユカと由比ヶ浜でルーシーに出会ってしまう。頭部に受けたショックでルーシー以外の人格に入れ替わり、「にゅうにゅう」としか喋ることの出来ない彼女をにゅうと名付け、コウタが住むことになる楓荘に居候することになる…。

感動できた。
また、過去の話に飛んだりするのに全く違和感を持たせないように作られているところも素晴らしかった。

アニメの皮を被った超大作。
ただあまりに衝撃的過ぎて見るのも辛いレベルで
表面的な表現しか感じられない人にはただのグロ駄作になって理解されないがきちんと分かる人には10年に1作品あ るかどうかの作品になりうる。

カレイドスター

アメリカに、サーカスとミュージカル、マジックを組み合わせたようなエンターテイメントを提供する集団があった。その名を「カレイドステージ」という。

幼い頃に見たカレイドステージに憧れ、単身日本からやってき た苗木野そら(なえぎのそら)は、選ばれたものにしか見えないステージの精霊であるフールが見えるが、新体操しかやったことが無く、演技については完全な素人。しかもオーディションに遅刻して来た上にカロスが特別扱いする為、レイラから完全に敵視されることに…。

しかし、さまざまな試練に遭遇しながらも、持ち前の前向きさと身体能力、そして根性でそれらを乗り越え、やがてカレイドステージの花形、カレイドスターへと変身していく…。

 - アニメ

×