ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

【アニメ】思わず泣けてくる…感動するおすすめアニメまとめ!

   


凪のあすから

中学が廃校になり、幼なじみと共に地上の学校へ通うことになった海村の少年・先島光が転校初日目撃したのは、大切に守ってきた少女まなかが、地上の少年と特別な出会いをし た瞬間だった。

登場人物たちが回を重ねるごとに心境が成長していくのも観ていてハマっていくポイントです。

東京マグニチュード8.0

中学1年生の小野沢未来は弟の悠貴のお守りとして一緒に東京のお台場へロボット展を見に来ていた。

その最中、東京にM8.0の海溝型大地震が発生、連絡橋は崩壊し、東京タワーが倒壊するなど、東京は大きな被害を受 ける。

未来と悠貴はお台場で出会ったバイク便ライダー日下部真理の力を借りて世田谷の自宅へ帰ろうとする。

下手にファンタジーやSFの戦争アニメで泣かしにくるより、こういった生々しいアニメの方が泣けてきますね。滅多に泣かないけど、不覚にもうるっと来ました。

地震大国日本ではきっと同じような体験をしている子供達がいるんだろうな。胸が痛い作品だ。

とらドラ!

その目つきの鋭さ故、不良に見られてしまうことを気にしている高須竜児は高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須は 不良」と言う誤解をまた最初から解かなくてはならなくなるのかと憂鬱であったが、「手乗りタイガー」こと逢坂大河との邂逅により意外に早くその誤解は解かれることとなる。

ある放課後、大河は想い人の北村祐作にラブレターを出そうとするがそれを間違って竜児のカバンにいれてしまう。ラブレターを送ったことを知られたと思った大河は、竜児に闇討ちを決行する。

その夜のやりとりがきっかけで一人暮らしである大河の家事の面倒も見るようになって大河は竜児の家に入り浸るようになり、お互いがお互いの親友との恋を応援する共同戦線を張るようになる。

何故か物語に吸い込まれそれぞれの人物の気持ちが痛いほど伝わってくる。私が素人だからこんな表現しかできないが素晴らしい作品であると思う。

24話、25話はとても泣けます。最後まで観てよかったとおもいます。

これはアニメに興味を持っている人なら必ず観ておくべきだと思います

 - アニメ

×