ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

『僕だけがいない街』は原作・アニメ・映画でここが違う

   


『僕だけがいない街』

自分の意志に関係なく時間が巻き戻る現象により18年前に戻った主人公が、記憶を封印していた過去の未解決事件と向き合い、時空移動を繰り返しながら事件の解明に挑む。

それぞれのテーマ(タイトルの意味)が微妙に異なっている

僕だけがいない街は
原作(漫画)、アニメ、実写
があって
その3つとも結末が違うから
ぜひこの3つともを見てほしい
#僕だけがいない街

※これ以降、各作品のネタバレが含まれています。

原作、アニメ
「僕だけがいない街」
↑悟が意識不明だった時に、仲間達が頑張ってくれてた街

映画
↑単純に主人公が死んだ後の街。

こんな所かな

#僕だけがいない街

原作(漫画):僕だけがいない街にあったもの(←昏睡時のみんな)
アニメ:僕だけがいない街に残されたもの(←昏睡時の八代)
実写:僕だけがいなくなる街に残されたもの(←死んだ後のみんな)

このテーマが違う
#僕だけがいない街

#僕だけがいない街
それぞれのタイトル回収これだよね!?
物理的に消しやがったwwwwww pic.twitter.com/gzARz6yJMu

映画
僕だけがいない街→僕が死んでこの世にいない街

アニメ
僕だけがいない街→僕が昏睡状態になってる間の街(その間に他人が自分の為にと動いてくれた大切な時間)

#僕だけがいない街

#僕だけがいない街
かくかくしかじかあって途中から実況してなかったですけど、要点まとめ
・八代先生はもっと怖い人です(アニメ、原作の犯人判明シーン見りゃわかる
・リバイバル終了後の06年への飛び方がまじでおかしい
・僕だけがいない街(物理

#僕だけがいない街

漫画
今までの犯行の手口を全て使った
八代先生と悟の最終対決

アニメ
悟が八代先生をためし、
最後には八代先生の心も救われる

映画
悟殺された!?!?!?!?
八代クソやん!!!

パラレルワールドなんだ… twitter.com/i/web/status/8…

#僕だけがいない街 このタイトルの意味が物理的に主人公がいなくなってしまうという単純な意味ではなく、主人公がいなくなった、つまり僕がいなくなった街で家族も仲間も犯人でさえ主人公を忘れることはなく、みんなのこころの中で悟はいなくなることがなかったことが大事なんだと思うのです

原作(漫画) 名シーン

はぁーーーー題名の意味が違うんだよ…
主人公が死んで、それで「僕だけがいない街」って訳じゃないんだよ!!!!

主人公が植物人間として寝たきりの日々を「僕だけがいない街」を振り返った時に、悔いがないって言える原作のラストシーンこそが真なんだよ!!!
ああ!! #僕だけがいない街

アニメ版 名シーン

僕街アニメ放送当時、OPで悟が犯人に撃たれるシーンで飛び散るメガネの破片に八代先生が映ってるっていう情報を知って、疑いつつもOPを一時停止して確認したら本当に映ってて感動した同志はどこにいる?? #僕だけがいない街

#僕だけがいない街
あのね<アニメがね、本当に素晴らしい出来なの。最期に行くに連れて息を呑んで、「こ の 先 ど う な る 」ってところで次回。
次回予告がないからネタバレがない。タイトルも中間に入るから内容が予測できない。祈るように次回予告を探すぐらい。まじでアニメ見て

「僕だけがいない街」実写版、劇場でも鑑賞したけど無難な出来だった。もし、アニメ版を未鑑賞で見ようかどうか迷っている人は、間違いなく、アニメ版を先に視聴したほうがいいよ。アニメ版のほうが脚本力も演出力も凄まじく秀逸で、12話かけて緊張感や衝撃の真実を味わえるから。#僕だけがいない街

映画版 名シーン

 - アニメ

×