ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

「君の名は。」だけじゃない…現在放映中のアニメ映画に注目!

   


まだまだある 注目のアニメ映画 3選

その影に隠れる形になってしまっていますが、他にも注目すべきアニメ映画が結構あるんです!

☆聲の形

『聲の形』(こえのかたち、英題:A Silent Voice)は、大今良時による日本の漫画。
京都アニメーション制作・山田尚子監督によりアニメーション映画化され、2016年9月17日に公開された。

聴覚の障害によっていじめ(嫌がらせ)を受けるようになった少女・硝子と、彼女のいじめの中心人物となったのが原因で周囲に切り捨てられ孤独になっていく少年・将也の2人の触れ合いを中心に展開し、人間の持つ孤独や絶望、純愛などが描かれる。

知らぬ間に聲の形も興収20億突破か。ほんと去年はアニメの確変年やな

聲の形観終わった
やばい何度泣いたかわからない
なんでもっと早く観に行かなかったんだろ、というか観れて本当によかった…

聲の形を観に行こうとしたら、新宿まで出向かないといけないのか。 おまけに1月の13日まで。今日明日の上映時間をみても、とても無理。良い作品らしいのに、もったいないことをした。

☆この世界の片隅に

『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代による日本の漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 - 2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻の形式と、前編・後編の形式で発売。
2011年8月5日に日本テレビ系列でドラマ化された。また、2016年11月12日より片渕須直監督による劇場アニメーション映画が全国公開された。

1944年(昭和19年)、絵が得意な少女浦野すずは広島市江波から呉の北條周作のもとに嫁ぐ。戦争で物資が不足する中、すずは不器用ながらも懸命にささやかな暮らしを守るが、軍港の呉はたびたび空襲を受けるようになり、1945年(昭和20年)6月、すずも空襲後の不発弾(時限爆弾)の爆発で右手首から先を失う。見舞いにきた妹のすみからお祭りの日に帰ってくるよう誘われるが、その当日8月6日、呉では閃光と轟音が響き、広島方面からあがる巨大な雲を見る。

『この世界の片隅に』観てきた!
原作好きだったけど映画も良かった〜。辛い時代のささやかな幸せにほっこりした…(*´◡`*)

この世界の片隅に良かった!!のんさんのほんわかした声で、始まってすぐ涙腺崩壊。゚( ゚இωஇ゚)゚。ほぼ泣いてた。

母と「この世界の片隅に」、を見た~。町山さんが推してたから気になってた。食べ物大事にしなきゃって思った。広島行ってみたい。

☆好きになるその瞬間を。 告白実行委員会

ニコニコ動画やYouTubeなどの動画サイトで作品を発表し、関連動画の再生回数が合計2億回を超える人気クリエイターユニット「HoneyWorks」が原作の劇場用アニメーション第2弾。

中学の先輩・恋雪に惹かれた雛は、恋雪と同じ桜丘高校に進学するため猛勉強し、幼なじみの虎太朗と一緒に無事、桜丘高校へ入学する。冴えなかった恋雪は休み明けにイメチェンをしたことでモテはじめ、その状況に雛は告白を決意するのだが……。

 - アニメ

×