ヲタクの時間

イベント、アニメ、声優、音楽、ラノベなどなど、オタクに関する最新ニュースをお届けします。

「一休さん」の真実

   


懐かしいアニメの「一休さん」

1975~1982年まで7年間も放映されていたようですね。

中央児童福祉審議会推薦番組という”お墨付き”をもらっていたせいか、このアニメなら親が喜んで見せてくれたものです(笑)

本当の一休さんは、あんな可愛い人物じゃなく、もっと”生臭坊主”みたいな破天荒な人だったらしいけど。

最終回のあのシリアスな終わり方は、子供心にも強烈な印象が残っています。

大人になって見直してみても、なんかホッとするストーリーで面白い魅力に溢れてますね。。。

【ストーリー】

禅寺の安国寺(あんこくじ)を舞台に、一休がとんちを使って身の回りで起こるさまざまな問題や事件を解決していく。登場するキャラクターをユーモア豊かに描きつつも、南北朝の騒乱さめやらぬ混乱した時代背景を織り交ぜて展開する。

【当時の長寿番組だった】

1975年10月15日から1982年6月28日まで、NETテレビ(日本教育テレビ、本放送中の1977年よりテレビ朝日)系列で全296話が放送された。中央児童福祉審議会推薦番組。

制作は東映動画(現・東映アニメーション)。東映および東映アニメーションが製作してきたシリーズでない単体のアニメ作品としては、2007年に『ONE PIECE』に記録を塗り替えられるまで、長らく最長の話数を誇っていた。

【意外にも・・・?】

もともとは1クール(3ヶ月)の予定だったとされる。

【CM提供は?】

初期は日本船舶振興会(会長が笹川良一の時代。現:日本財団)の一社提供番組で、間のCMは山本直純作曲「火の用心のうた」がよくOAされていた。当初は水曜19:30からの放送だったが、半年後に月曜19:30に移動した。放送末期のスポンサーはハウス食品の一社提供となっていた。

あの「戸締り用心、火の用心♪」の歌が懐かしいですね!

【シリアスなお話も・・・】

なお、大半の期間は一休の事件解決の痛快さが売り物だが、初期については南北朝の動乱直後の問題の深さゆえに失敗する話や、伊予の局と会えずに悩む話(後の作品では一休に会って助言する話もある)など、痛快とは言い難い話もある。また、一休が武家同士の利己的な戦乱に蹂躙される庶民の姿に心を痛めたり、同じく将軍の命に忠実に従って出陣する新右衛門を複雑な表情で見送るなど、頓智咄の枠に収まらないシリアスな描写もみられる。

【アイキャッチ(CM行き)のうんちく】

アイキャッチでは寺の小坊主たちが口々に一休を呼び、一休が「はぁ~い。慌てない慌てない。一休み一休み・・・。」と答えフェードアウトしてCMとなる。

毎回話の終わりに、さよちゃんの呼びかけに応じた、一休さんによる「はぁ~い。面白かったぁ?じゃぁ~ねぇ~。」とのセリフがある。これは、虎や橋の話等、ユーモアのある笑い話系ではこの終わり方で、政治や人権、道徳に関するシビアな話、または感動系のときには「はぁ~い。どうだった?じゃぁ~ねぇ~。」に変わる。

【最高視聴率はなんと!?】

最高視聴率は1976年3月10日放送の27.2%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)、関西地区では最高視聴率42%を記録した。

今では考えられないような数字を叩きだしていますね!!

 - アニメ

×